はしかの症状は何ですか?はしかの治療はどうですか?

はしかとは何ですか?

はしかは、ウイルスによって引き起こされる小児発疹の病気です。はしかは、通常、冬の終わりから春の初めに増加しますが、幼児によく見られますが、予防接種を受けていない、または以前にはしかにかかったことのない大人にも見られます。

はしかはどのように伝染しますか?

はしかは呼吸器系のウイルス感染症であり、伝染性の高い病気です。はしかは伝染性の高い病気で、感染した粘液や唾液との接触によって広がる可能性があります。はしかウイルスに感染した人は、咳やくしゃみをしながら感染を空気中に放出する可能性があります。はしかウイルスは表面に数時間生息する可能性があり、身近な環境にいる人に影響を与える可能性があります。はしかは伝染性の高い病気です。はしかは伝染性の高い病気で、予防接種を受けていない同じ部屋の10人中9人に感染する可能性があります。はしかのある人は、約1週間ウイルスを他の人に感染させる可能性があります。

はしかの症状は何ですか?

はしかの症状は、感染後約8〜12日で現れます。はしかの最初の症状は次のとおりです。

  • 鼻水、くしゃみ、咳などの一般的な風邪の症状。
  • 高熱と脱力感
  • 乾いた咳
  • 喉の痛み
  • 疲れ
  • 感光性、腫れ、痛み、炎症を起こした目(結膜炎)
  • 口の中の小さな灰色がかった白い斑点(摘み取り斑点)
  • 体の発疹

これらの最初の症状から約2〜4日後、はしかの発疹が後期に始まります。はしかの発疹;それは体に小さな赤茶色の平らなまたはわずかに隆起した斑点として現れます。はしかの発疹は顔と頭から始まり、上から下に広がります。発疹は体幹に融合する傾向がありますが、腕と脚の別々の病変として見られます。患者ははしかの発疹とともに非常に高い熱を持っています。はしかの斑点が発生している期間中、発熱は40〜41度まで上昇する可能性があります。発疹は約4日間続き、わずかな剥離から始まり、上から下へと消えていきます。発疹の退色に伴い、患者の発熱は減少します。

はしかは何日続きますか?

はしかの発疹と発熱は平均4〜5日続きますが、乾いた咳は1週間から10日続くことがあります。 5日以上続く発熱の場合は、はしかによる合併症を考慮する必要があります。これらの中で、中耳炎と肺炎が最も一般的なものです。

はしかは深刻な病気ですか?

はしかは子供の健康にとって重要な病気です。特に1歳未満の子供では、深刻で致命的となる可能性があります。はしかによる死亡率はワクチン接種により世界中で減少していますが、この病気は依然として毎年5歳未満の10万人の子供を死に至らしめています。欧州連合の先進国でも、昨年は合計12,000件のはしかの症例が検出され、そのうち33件が死亡しました。

はしかによって引き起こされる一般的な病気;

  • 下痢と嘔吐
  • 耳の痛みと中耳炎(中耳炎)
  • 目の感染症(結膜炎)または目の充血
  • 喉頭炎
  • 肺炎、気管支炎、クループなどの呼吸器および肺の感染症
  • 熱性けいれん

しかし、はしかは、一部の患者や後の段階で、より深刻で致命的な問題を引き起こす可能性があります。

  • 脳と脊髄を取り巻く膜に感染症(髄膜炎)があるかもしれません。まれですが、亜急性硬化性全脳炎(SSPE)は脳の炎症として知られています。難聴や脳への永続的な損傷を引き起こす可能性のあるこの状態は、はしかの数年後でも発生する可能性があります。
  • 肝感染症(肝炎)
  • ウイルスが目の神経筋に影響を与えるときの斜視、目の障害または視力喪失。
  • 心臓と神経系の問題

はしかの危険因子は何ですか?

はしかの危険因子には以下が含まれます。

  • 予防接種を受けていない:はしかの予防接種を受けていないことが、病気になる最大の危険因子です。
  • 海外旅行:はしかが特に蔓延している国への旅行は、はしかにかかるリスクを高めます。
  • ビタミンA欠乏症:食事で十分なビタミンA含有食品を摂取しないと、不快感が増す可能性があります。

はしかを防ぐことはできますか?

はしかを予防する最も簡単で安全な方法は予防接種です。はしかに対する防御力は、最初のワクチン接種後に93%に、2回目のはしかワクチン接種後に97%に増加します。

はしかの蔓延を防ぐために、感染が疑われる人は健康な人から遠ざける必要があります。

はしかワクチンはいつ投与する必要がありますか?

子供には定期的に2回のはしかワクチンが接種されます。はしかワクチンの初回投与は、子供が1歳のときに行う必要があります。はしかワクチンの2回目の接種は、4〜6歳の間に投与する必要があります。 2回目のワクチン接種を早めに行うことはお勧めしません。ただし、4歳未満の子供がはしかの流行がある地域に行かなければならない場合は、2回目のワクチン接種が推奨される場合があります。

免疫力のない年長の子供や若者も、はしかワクチンを2回接種する必要があります。以前に予防接種を受けたことがあるかどうかわからない人には、はしかの予防接種を受けても害はありません。

はしかはどのように診断されますか?

はしかの診断は通常、医師の診察によって行うことができます。はしかは、特徴的な皮膚の発疹や口の斑点(穿刺斑点)によって診断できます。はしかの診断は、症状がさまざまな病気と混同されている場合に備えて、血液検査で明らかにすることができます。

はしかの治療法は何ですか?

はしかの蔓延に対する最も重要な対策は予防接種です。しかし、はしかの明確な治療法はありません。ただし、一部の処理を適用できます。

  • はしかに伴う発熱がある場合は、解熱剤を使用することができます。アスピリンを使用しないように注意する必要があります。このような場合にアスピリンを使用すると、ライ症候群などのはるかに深刻な問題が発生する可能性があります。
  • あなたの子供がたくさんの水を飲むことを確認してください
  • 加湿器は、咳や喉の痛みのために気道をリラックスさせるために使用できます。
  • 明るい光が邪魔になる場合は、子供を日光から遠ざけ、サングラスを使用することができます。
  • はしかで肺炎や耳の感染症が発症した場合は、医師が推奨する抗生物質を使用することがあります。
  • ビタミンAサプリメントは苦情を減らすのに役立ちます。
  • 乳児を含む予防接種を受けていない人は、感染の72時間後にはしかの予防接種を受けることができます。
  • 免疫血清グロブリンと呼ばれるタンパク質の注射は、妊娠中の女性、赤ちゃん、および病気にさらされた免疫系が弱っている人々に使用される可能性があります。これらの抗体は、ウイルスにさらされてから6日以内に投与されると、はしかの発症を予防したり、症状を軽減したりすることができます。

はしかについて質問がありますか?

赤ちゃんは出生直後にはしかの予防接種を受けていますか?

はしかワクチンは、12か月未満の乳児には推奨されません。 12か月未満の乳児は、妊娠中に母親から採取した抗体が存在するため、ワクチンのはしか成分に反応できません。流行の場合、はしかワクチンは生後6か月から投与できます。たった1歳より前に作られたワクチンは、予防接種の用量とは見なされません。これらの子供は、1歳から4〜6歳の間に再度予防接種を受ける必要があります。

妊娠中の女性ははしかワクチンを接種できますか?

妊娠中の女性ははしかの予防接種を受けることはお勧めしません。はしかワクチンだけでなく、生ウイルスワクチンとして知られているワクチンも妊娠中に投与すべきではありません。母乳育児をしている母親がはしかワクチンを接種しても大丈夫です。

はしかワクチンの副作用は何ですか?

まれではありますが、はしかワクチン接種後にはしかと同様の副作用が発生する可能性があります。ワクチン接種後、高熱やはしかのような発疹が発生することがあります。これらの症状は軽度で、短期間続きます。高熱は簡単な解熱剤でコントロールできます。ごくまれに、成人女性でリンパ節の腫れや関節痛が発生することがあります。

妊娠中にはしかになるリスクは何ですか?

妊娠中はしかを避けることは非常に重要です。はしかは妊娠中に通過しました。

  • 流産または死産
  • 早産
  • 低出生体重
  • それは母親の喪失を引き起こす可能性があります。

妊娠中にはしかのある人に連絡があった疑いがある場合でも、できるだけ早く医師に相談する必要があります。

はしかが再びはしかになることはありますか?

はしかを患ったことがある人は、生涯にわたる免疫を獲得するため、二度とはしかを発症することはありません。

はしかの予防接種を受けてはいけないのは誰ですか?

  • 高熱のある人
  • 結核や肺炎などの感染症の方
  • 免疫系を抑制する病気の人
  • 人の血中に血小板が不足している人
  • 放射線療法と化学療法の治療
  • 妊娠中の女性ははしかの予防接種を受けるべきではありません。

アレルギーのある人ははしかの予防接種を受けることができますか?

はしかワクチン接種後、紅潮やかゆみなどの反応が見られますが、長期的には深刻な問題にはなりません。アレルギー性ショックの問題のある状況は非常にまれです。

  • 2回目の接種は、1回目のワクチン接種後に重度のアレルギー反応を示した人には投与しないでください。
  • 息切れ、喉の浮腫、失神など、卵子に反応する人には適用しないでください。
  • 干し草熱や喘息などのアレルギーを持つ人々は、はしかワクチンを接種してもかまいません。
  • はしかの予防接種をしたことがある人は大丈夫です。

はしかワクチンは3回接種されていますか?

1970年にトルコで開始されたはしかの予防接種は、1998年まで単回投与されていました。この日以降、はしかワクチンは2回に増量されました。まれに、3回目のワクチン接種が2回の接種後に完全に免疫がない人に適用されることがあります。

はしかは動物から人間に渡されますか?

はしかは人間の病気です。はしかウイルスは他の動物種によって拡散されません

海外旅行の際にはしかの予防接種は必要ですか?

海外旅行の際はしかの予防接種は必要ありません。ただし、特にはしかの流行がある地域に旅行する場合は注意が必要です。

はしかは性感染症ですか?

はしかは伝染性の高いウイルス性疾患です。はしかは性感染症ではありません。はしかのある人は、はしかの発疹が始まる4日前から4日後までの間に他の人に感染する可能性があります。