突然の天候の変化は病気になる可能性があります

夏の暑い日を経て、秋の影響による気温の低下が感じられ始め、最近では病気も招きます。突然の天候の変化、閉鎖された混雑した環境にいる必要性は、特に気道に悪影響を及ぼします。

高温に慣れた体の新陳代謝は、天候が冷え始める秋に備えて準備する必要があります。メモリアルディヤルバクル病院内科の専門家は、秋の天候の変化による悪影響から保護するための推奨事項を作成しました。

定期的に睡眠をとる

睡眠時間を調整し、十分で質の高い睡眠をとることは、体の抵抗にプラスの効果をもたらします。睡眠不足や睡眠不足は、翌日、倦怠感や集中力の欠如を引き起こします。この状況は、ビジネスや私生活にも反映され、生産性を阻害します。不眠症は人の理解力を低下させ、身体活動を制限するため、心身の健康には睡眠パターンを重視する必要があります。

スポーツをライフスタイルに変える

外で過ごす時間は、夏よりも秋と冬の方が少なくなります。この期間中、身体活動と可動性は低下します。これは、消費された食品を消化することを困難にします。このため、特に冬季には腹部膨満や便秘などの苦情が増加します。これを防ぐためには、水分や野菜をたっぷりと摂取することが非常に重要であり、これは常に推奨されています。また、スポーツをライフスタイルに変える必要があります。週に3日、運動やスポーツに特別な時間を割り当てることは非常に有益です。スポーツをすることで、健康を守り、エネルギーを常に高く保つことで元気になります。

秋の病気に注意してください

秋の空気の冷却、大気汚染の増加、そして集団的で混雑した環境での生活は多くの病気をもたらします。学校を開くと、免疫力の弱い子供たちも風邪やインフルエンザなどの病気にかかります。熱バランスが十分に利用できない秋の気象条件。インフルエンザ、風邪、さらには肺炎などの病気から身を守るためには、栄養と衣服に注意を払うことが特に重要です。インフルエンザ;インフルエンザウイルスが呼吸器から人体に侵入すると、特に晩秋から初冬に流行を引き起こす感染症です。保護のために、10月と11月に適切な人に予防接種を勧めることができます。さらに、ビタミンCをたっぷりと摂取し、人との密接な接触をできるだけ避けることで、リスクを最小限に抑えることができます。病気の治療よりも、患者さんなしでとるべき対策の方が重要です。

花粉に対して外で時間を過ごしないでください

秋に出てくる花粉は、アレルギーのある人の病気を悪化させる可能性があります。このため、花粉症の方は、できるだけ屋外で過ごしたり、医師の監督の下で過ごしたりすることが非常に重要です。秋の天候の変化も、一部の人々に皮膚の問題を引き起こす可能性があります。したがって、皮膚を清潔に保ち、必要に応じて皮膚科の専門家に相談する必要があります。