「どれだけ食べても太らない」と言えば

体重の問題に言及するとき、肥満が最初に頭に浮かぶ。毎日、新しいダイエットとエクササイズプログラムが、体重を減らすのに役立つダイエットとエクササイズプログラムに追加されています。しかし、弱さを訴える人の数はかなりの数です。必要以上に食べる;チョコレート、ペストリー、ファーストフードなどの高カロリーで炭水化物の多い食品を食べることは、体重を増やすための最も簡単で面白い方法であると考えられています。ただし、目的は健康的でバランスの取れた体重を増やすことです。メモリアルアタシェヒル病院の栄養と食事療法部門の専門家は、健康的な体重管理について体重を増やしたい人に提案をしました。

弱点は何ですか。理由は何ですか?

食事での1日あたりの総エネルギー摂取量が消費エネルギーより少ない場合、または摂取した栄養素が体によって使用されていない場合、弱い状態が発生します。これとは別に、衰弱の原因には、消化器系障害、代謝が速く働く甲状腺機能亢進症などのホルモン性疾患、腸の寄生虫と吸収障害、体重増加の恐れ、精神障害と関連する食欲不振、摂食障害、使用される薬とそれらが含まれます効果、過度の身体活動をしている人、癌、結核、慢性下痢、不規則な摂食や長期の空腹などの衰弱性疾患を示すことができます。

弱いことには害がありますか?

弱いということは、必ずしも不健康であることを意味するわけではありません。それは人とその程度に依存します。ボディアナライザーの結果を評価することにより、人を見て年齢要因を考慮する必要があります。摂食障害があるかどうかはよく分析する必要があります。拒食症、過食症、過食症などの症状がある場合は、精神科医のサポートが必要です。

脱力感は、小児期の成長と発達の低下、女性の乳量の不足、外的要因に対する体の防御機構の低下、集中力の低下、さらには寿命の短縮を引き起こす可能性があります。

健康的な体重増加はどうですか?

体重を増やすことは、体重を減らすことよりもはるかに困難です。まず第一に、このプロセスには忍耐が必要です。体重を増やしたい人が体重を増やしたいと思うだけでは十分ではなく、彼らもそれを信じなければなりません。必要な検査が行われ、有効な基礎疾患と状態がない場合、栄養士の管理下でフォローアップとコミュニケーションを行い、目標を月平均2キロに設定できます。

目的は、体内に必要な組織を作成することです。体重は、脂肪と除脂肪組織(筋肉組織、体の水分、骨組織)を増加させる方法で摂取されます。目的は、より多くの筋肉組織を増やすことです。

健康的な体重を増やすために;

  • その日の最も重要な食事である朝食は間違いなく行われるべきであり、それを早くすることは体重増加において非常に重要です。
  • 体重を増やしたい人は絶対に食事を抜いてはいけません。定期的な栄養と質の高い栄養がなければ、体重増加は起こりません。
  • 筋肉組織を増やすには、タンパク質と炭水化物の摂取量に注意を払う必要があります。すべての食事に炭水化物食品、脂肪食品、タンパク質食品の両方を含めることが絶対に必要です。
  • スナックには、カロリーとタンパク質の価値が高い食品を好む必要があります。特に、ヘーゼルナッツ、アーモンド、クルミ、トースト、ミルク、ケーキ、生鮮および乾燥フルーツ、アイランなどの食品を摂取する必要があります。
  • 食事と一緒に飲む飲み物は、すぐに満足します。水の消費量でさえ、食べてから45分後に残しておく必要があります。
  • スパイスといくつかのソースがトマトペースト料理の食欲を増します。高血圧をお持ちでない方でも簡単にご利用いただけます。
  • 一部の食事では、サラダの代わりに穀物のフルーツコンポートを食べることができます。
  • お菓子は食欲を減退させない適度な量で消費されるべきです。デザートの摂取量が多すぎると、主食の摂取量が減少し、食欲が低下します。
  • 激しい運動は行わないでください。代わりに、食事の1時間前に30分間軽く歩くと、食欲が増し、カロリー摂取量が増えます。
  • 食事を調理している間、栄養価を上げる必要があります。たとえば、パスタはチーズやひき肉と一緒にすることができます。ケーキやペストリーはヘーゼルナッツで作ることができます。ひき肉、小麦、ご飯、じゃがいも、春雨をスープに加えることができます。