膀胱癌のためのロボット手術ソリューション

膀胱がんは、男性で最も一般的ながんの中で4位、女性で9位にランクされています。喫煙の50%が原因であるこの病気は、世界中で毎年約16万5000人の命を脅かしています。過去には、膀胱がん患者の術後の生活の質に悪影響を及ぼしていた慣行は、ロボット技術によって排除できるようになりました。世界の10〜15のセンターと我が国のメモリアルシシュリ病院でのみ適用されているDa Vinci Robotic Surgeryのおかげで、患者は快適で質の高い生活を送ることができます。私たちのメモリアルシシュリ病院泌尿器科スペシャリストは、ダヴィンチロボット手術法で行われた膀胱癌手術についての情報を提供しました。

喫煙は膀胱癌を引き起こします

膀胱がんは、前立腺がんに続く男性で最も一般的な泌尿器がんであり、タバコおよびタバコ製品に関連しています。今日、喫煙の増加により、膀胱がんの発生率は女性で著しく増加しています。たばこから血液中に混入した有毒物質は、腎臓によって尿に運ばれ、循環系から排出されて全身から排泄されます。がんは、尿が接触する尿路の内層細胞におけるこれらの化学毒の影響によって引き起こされる可能性があります。最も一般的ながんの発生は膀胱に見られます。膀胱は尿の貯蔵器官であり、その内部構造はこれらの細胞と長い間接触しているためです。このため、膀胱がんを予防する最も効果的な方法は、喫煙しないことです。

治療は、病気の状況に応じて計画されています

膀胱がんの最も重要な症状は、尿中の血液です。しかし、確定診断は、「膀胱鏡検査」と呼ばれる小型望遠鏡で尿路に入り、サンプル組織を採取することによって行われます。この病理学的検査では、がんの種類、深さ、および広がりのリスクを反映する別の要因が評価されます。この情報に照らして、患者に適用される治療法が計画されている。患者の状態に応じて;膀胱への薬物投与、化学療法または膀胱の外科的除去は、この疾患の治療選択肢です。

ロボット手術のための唯一のセンター

膀胱がんのロボット手術法は、世界中の10〜15のセンターと、トルコのメモリアルシシュリ病院で適用されています。ロボット手術法が使用され始めて以来、世界で行われた300回の手術のうち65回がメモリアルシシュリ病院ロボット手術センターで行われています。

ロボット技術が患者に快適さを与える

膀胱がんの手術が開腹手術で行われる場合、それは最も複雑な手術の1つです。膀胱癌の手術でロボット技術を使用する場合、手術は通常、閉鎖手術と開放手術の組み合わせの形で行われます。膀胱とリンパ節はロボットで取り除かれ、尿を集める新しい膀胱の建設、腎臓から膀胱への導管の接続、そして最後に、尿を蓄える新しく作られた膀胱と尿を外部に運ぶチャネルは、開腹手術によって行われます。メモリアルシシュリ病院は、これらすべての外科手術がロボットで行われる世界でも珍しいセンターの1つです。手術はロボット技術で、体に切り傷をつけることなく、いくつかの穴から入ることで完了します。患者の回復時間が短縮され、鎮痛剤の必要性が減少し、体内の他の臓器への損傷が防止され、通常の生活への復帰が迅速に行われます。