一日に一握りのサクランボが浮腫を取り除くのに役立ちます

口の中に心地よい味わいを残すサワーチェリーは、夏の最も人気のある果物の1つです。寿命は短いですが、糖尿病や腎臓病の患者さんが簡単に摂取できます。この小さいながらも有用な果物は、気温の上昇に伴って体に浮腫がある人々の最大の救世主の1つです。メモリアルバヘリエブラー病院の栄養と食事療法部門からのDyt。 AslıhanAltuntaşは、サワーチェリーの利点についての情報を提供しました。

チェリーはビタミンA、C、Eの非常に豊富な供給源です。また、免疫系に影響を与える可能性のある悪影響を防ぐことができる果物です。赤や紫の色の果物や野菜に含まれる着色物質であるアントシアニンは、含まれる果物に非常に強力な抗酸化作用があります。これらの果物の1つはチェリーです。さくらんぼ100グラムには60カロリーあります。さくらんぼは糖度の低い果物なので、ダイエットに好まれます。

チェリーは質の高い睡眠を助けます

「メラトニン」ホルモンは、睡眠パターンを維持する上で最も重要な要素として浮上しています。体内の「メラトニン」ホルモンのレベルが低い場合でも、肯定的な結果が得られると言われています。しかし、老化はメラトニン分泌の減少を引き起こします。このため、天然資源からメラトニンを入手することは非常に重要です。メラトニンが最も豊富な果物はサクランボです。この機能により、睡眠障害のある方にチェリーをお勧めします。

感染症を癒し、細胞の老化を防ぎます

それに含まれるアントシアニンは、サクランボに抗酸化作用を加えます。アントシアニンは細胞の老化を防ぎます。研究によると、アントシアニンはコレステロールと血糖値を下げるのにも役立ちます。さらに、サクランボには体内の感染症を癒す性質があります。

一日に一握りのさくらんぼ

暑い時期には体内の水分と塩分の保持が増加しますが、最も一般的な苦情は体内の浮腫です。浮腫に関しては、パイナップルとパセリを消費することについての認識があります。しかし、チェリーは優れた抗浮腫でもあります。季節にさくらんぼを一握り消費すれば、浮腫の問題は解決できます。さらに、チェリーは尿酸を減らします。糖度が低いので、糖尿病患者さんはこの果物を安全に摂取できます。腎臓病患者にとって、サクランボは信頼できる果物です。さらに、それは癌、心血管疾患から消費者を保護します。痛風患者にはチェリーもお勧めです。

ナチュラルチェリー飲料レシピ

酸味があるので、通常ジャムやマーマレードとして消費されるサワーチェリーでさわやかでさまざまなフレーバーを作ることができます。味わいにさわやかな味わいを残すレシピのひとつです。

  • さくらんぼ150グラム
  • 黒ブドウ8個
  • 淹れたてのフェンネルティーのグラス
  • 氷4個

ブレンダーに材料を注ぎ、グラスに注ぎ、ダークチョコレートと一緒に消費することができます。