帝王切開における鎮痛法:脊髄くも膜下硬膜外麻酔の併用

局所的なしびれをもたらす硬膜外麻酔は、それが提供する快適さのために帝王切開手術で好ましい方法です。しかし、脊髄くも膜下麻酔を適用すると、母親に提供される快適さはさらに向上します。 Uz。メモリアルホスピタルペインセンターから。博士MehmetÇelikは、「脊髄くも膜下硬膜外麻酔の併用」に関する情報を提供しました。

赤ちゃんを産むことを夢見て、9ヶ月間再会する瞬間を待つ…すべてが順調に進んでいると思っていても、多くの母親にとって、誕生の瞬間は悪夢に過ぎません。彼が通常の出産中に苦しむ痛みと彼の赤ちゃんが傷つけられるという懸念の両方が、妊娠中の母親を帝王切開の考えに近づけます。専門家は強制的な状況でのみ帝王切開を推奨していますが、帝王切開の出生率は雪崩のように増加しています。したがって、帝王切開手術では麻酔薬の使用が重要になります。我が国の帝王切開手術の約90%は全身麻酔下で行われています。ただし、この比率は米国とヨーロッパ諸国では​​逆です。私たちの国では、この状況には正当な理由があります。麻酔科医の数が少なく、硬膜外麻酔と脊髄くも膜下麻酔の経験が不足しているため、チームワークが必要です。もちろん、母親はこの方法の快適さについて十分な情報を持っていないことが別の理由と考えられています。ここでは、これらのページで、妊婦に局所麻酔法についての情報を提供したいと思いました。

局所麻酔法

帝王切開で出産する妊婦には、全身麻酔または硬膜外麻酔の2つの選択肢があります。

全身麻酔では、母親は分娩中に完全に眠りにつく。したがって、母親は赤ちゃんの誕生を目撃することはできません。しかし、硬膜外麻酔は、母親の腰だけがしびれているため、赤ちゃんの誕生も目撃します。

硬膜外麻酔と脊髄くも膜下麻酔は、局所麻酔の最も一般的な方法です。硬膜外麻酔の一般的な機能は次のとおりです。局所麻酔薬は、脊髄と脊髄から出てくる神経を取り囲む「硬膜」と呼ばれる膜の周りに投与され、脳への痛みの伝達を防ぎます。脊髄くも膜下麻酔では、硬膜下の脳脊髄液に局所麻酔薬が投与されます。脊髄くも膜下麻酔では、硬膜外麻酔に比べてはるかに低用量の薬剤が投与されますが、麻酔の効果ははるかに短い時間で始まります。

硬膜外麻酔で痛みの感覚はなくなりますが、妊娠中の母親は帝王切開手術中に組織の触覚と引っ張りと伸びを感じることができます。これは痛みを引き起こしませんが、一部の妊婦はそれが不快であると考えています。ここで、脊髄くも膜下麻酔、および手術部位の痛みの停止では、完全なしびれ状態が発生します。このため、今日推奨されている方法です。帝王切開手術で脊髄くも膜下麻酔法を併用する。この組み合わせた方法は、組み合わせた脊髄硬膜外麻酔と呼ばれます。

プロセスの実行

血管アクセスが開かれ、帝王切開のために手術室に運ばれる妊婦に血清が与えられます。その間、妊婦の唯一の義務は座る姿勢を取ることです。母親がこの位置にいる間、治療領域は消毒液で洗浄され、滅菌カバーで覆われます。手術中、妊婦が痛みを感じないように、介入を行う部位の皮膚に非常に細い針で局所麻酔をかけます。次に、細い針で2つの椎骨の間に硬膜外腔を通過させて硬膜外腔に到達します。

この針に細い針を挿入すると、脊髄腔に到達し、局所麻酔薬が投与されます。脊髄くも膜下麻酔後の次のステップは、硬膜外領域へのカテーテルの挿入です。カテーテルを留置した後、針を抜いて、カテーテルの外側部分を石膏で皮膚に固定します。数分後、妊婦の腰が完全に麻痺します。一般的に説明されているこのプロセスの期間は、考えられているほど長くはありません。専門家;このプロセスは2〜3分で終了します。そして、帝王切開手術の時間です。帝王切開で腰から下がしびれる母親は、痛みを感じません。ただし、これは操作中の快適さだけではありません。その後、カテーテルからの痛みを取り除くために、硬膜外腔に薬剤を投与して痛みポンプを投与し、母親が痛みを感じないようにします。

利点

脊髄くも膜下硬膜外麻酔を組み合わせて行った帝王切開では、母親は痛みを感じません。また、脊髄くも膜下麻酔を併用した妊婦は意識があり、赤ちゃんが生まれた瞬間を目撃することができます。そのため、多くの母親にとって最もエキサイティングな出産シーンを体験するチャンスがあります。もちろん、彼女はその後赤ちゃんの世話をする痛みのない日々の快適さを体験します。

全身麻酔に対する脊髄くも膜下硬膜外麻酔のもう1つの利点は、手術中および手術後に投与される薬剤が、胎盤を通して、または乳児から乳児までほとんど存在しないことです。しかし、手術中および手術後の両方で、全身麻酔を伴う帝王切開で静脈内または経口投与された鎮痛剤は、赤ちゃんに伝染し、望ましくない副作用を引き起こす可能性があります。この方法の別の利点は、全身麻酔に関連するリスクを排除することです。

誰が応募しない

脊髄くも膜下硬膜外麻酔の併用が適用できない場合があります。脊髄くも膜下麻酔は、抗凝血剤と呼ばれる抗凝固薬を使用している患者、出血性疾患のある患者、介入領域に感染している患者、椎間板ヘルニアなどの理由で腰椎手術を受けた患者には適用されません。