中耳の炎症の症状は何ですか?それはどのように扱われますか?

耳;アウター、インナー、ミドルパーツで構成されています。中耳は鼓膜の後ろの空気で満たされた領域で、ハンマー、アンビル、あぶみと呼ばれる小さな耳小骨があり、耳管と呼ばれる運河で鼻と喉の後ろに開いています。飲み込むと、空気はこのチューブを通って中耳に入ります。場合によっては、中耳の炎症が大人と子供の両方に見られます。

中耳は、アレルギー、風邪、喉の痛み、または気道感染症の結果として感染する可能性があります。中耳につながる耳管の閉塞は、中耳の炎症に備えて地面を整えます。中耳炎としても知られる中耳炎は成人に見られますが、主に子供に発生し、痛みを伴います。

中耳の炎症はどのように起こりますか?

中耳は、耳管と呼ばれるチャネルによって喉に接続されています。アレルギー、風邪、喉の感染症、または呼吸器感染症は、耳管周辺の領域を腫れさせる可能性があります。これにより、液体が中耳から鼻腔に排出されるのを防ぐことができます。鼻腔に排出できない液体は鼓膜の後ろに集まります。この液体で増殖する細菌やウイルスは、中耳感染の素因となる可能性があります。

中耳の炎症の原因は何ですか?

中耳感染の原因はさまざまな原因である可能性があります。

  • 耳管起源:中耳炎、中耳炎は、主に子供に見られます。中耳炎は成人ではあまり一般的ではありませんが、より深刻な問題を引き起こす可能性があります。中耳の炎症が子供によく見られる最も重要な理由は、耳管によるものです。中耳の空気圧を調整し、耳の空気を更新し、中耳から正常な分泌物を排出するのに役立つ耳管は、子供ではより短く、より水平で、より広くなっています。これにより、内部に溜まった液体を取り除くことが難しくなり、目詰まりの可能性が高くなります。
  • 鼻の起源:アデノイド、つまり、鼻の肉は、耳管の開口部に近い領域にあります。さまざまな理由で子供が大人よりも大きいアデノイドの腫れは、耳の感染症のリスクを高めます。
  • 年齢:中耳感染症は6ヶ月から2歳の間でより一般的です。
  • 早産または低出生体重
  • 口蓋裂、頭と顔の異常、またはダウン症などの個人的な危険因子
  • 秋と冬に頻繁に起こる上気道感染症
  • 保育園
  • タバコの煙への暴露
  • 母乳の摂取不足や哺乳瓶の授乳などの環境要因も、中耳の炎症の原因の1つです。

中耳炎の症状は何ですか?

中耳の炎症は主に子供に見られます。成人の中耳炎の症状は、小児の症状とは異なる場合があります。主に秋と冬に見られる中耳の炎症は、自然に治癒するか、悪い経過をたどることがあります。

子供の中耳炎の症状

子供の中耳の炎症の症状は、通常、突然の耳の痛みと風邪の後に始まる発熱の形をしています。赤ちゃんの症状は主に、落ち着きのなさ、発熱、枕に耳をこすったり、手を耳に当てたりすることです。

一般的に、子供の中耳の炎症の症状は次のとおりです。

  • 耳痛
  • 寝られない
  • 弱点
  • 落ち着きのなさや泣き声
  • 聴覚障害
  • バランスの喪失
  • 高熱
  • 耳からの分泌物
  • 食欲減少
  • 耳の中や周りのかゆみや刺激

成人における中耳炎の症状

中耳炎の症状は成人によって異なる場合があります。通常、最初の症状は痛みと耳づまりです。一般的に、成人の中耳の炎症の症状は次のとおりです。

  • 耳痛
  • 耳づまり感
  • 耳漏
  • 聴覚障害
  • 耳鳴り

中耳の炎症ではどの医師を受診する必要がありますか?

耳鼻咽喉科の医師が中耳炎の診断と治療を行います。症状が1日以上続く場合、6か月未満の小児の中耳炎の症状、重度の耳の痛み、上気道感染後の落ち着きのなさ、耳からの体液または膿、耳鼻咽喉科医に直ちに相談する必要があります。中耳炎の治療には外科的方法も含まれるため、この分野で経験のある医師とインフラストラクチャを備えた病院を選択することで、将来発生する可能性のあるより深刻な問題を防ぐことができます。

中耳炎の種類は何ですか?

急性中耳炎: 突然発生します。腫れや赤みを引き起こします。発熱や耳痛があるかもしれません。

滲出液(液体)中耳炎: それは中耳腔内の体液の存在です。これは通常、以前の急性中耳感染後に見られます。この状況は主に就学前の子供に見られます。その症状は非常に潜行性であるため、この病気は見過ごされる可能性があり、したがって難聴の最も一般的な原因として知られています。中耳に水分がある子供は、通常、聴力が低下するため、音が聞こえない場合があります。これらの子供たちは、テレビの電源を入れたり、もっとよく見たり、会話を繰り返したり、行動障害を示したり、引きこもったり、学校で失敗したりする可能性があります。患者では、根本的な危険因子を修正し、耳管機能を正常化することが重要です。したがって、中耳腔内の液体は徐々に減少し、耳は正常に戻ることができます。これらの患者では、自然回復は3か月の期間に発生します。難聴で3か月経っても改善が見られない患者には、外科的選択肢が考慮されます。この場合、アデノイドが評価され、必要に応じて、耳にチューブを配置することができます。口唇裂、自閉症、言語および言語の遅滞、知的遅滞、学校の遅滞などの場合は、待つことなく外科的治療を検討することができます。外科的治療として、患者は鼓膜への換気チューブ、アデノイド手術または扁桃腺手術を受けることができます。

慢性中耳炎:耳の慢性中耳炎症の病理学的経過は異なります。鼓膜に恒久的な穴が開いているのが特徴です。慢性中耳炎は、中耳腔、耳管、中耳に関連する乳突蜂巣の粘膜の慢性炎症です。慢性中耳炎の症状;これは、耳漏、鼓膜の穴、そして通常は伝音難聴で起こります。耳漏が改善することがあります。その後、再び開始します。これらの症状が3か月以上発生する場合、その病気は慢性と見なされます。病気は中耳の粘膜に向かって進行し、隣接する組織に損傷を与え、より深刻な問題を引き起こす可能性があります。この状況は主に耳の痛みと発熱の存在下で現れます。したがって、非常に注意する必要があります。それ自体が慢性の中耳の炎症;鼓膜の虚脱、中耳への癒着、真珠腫性中耳炎なし、真珠腫性中耳炎を伴うものとして分類されます。

中耳の炎症を理解する方法は?

耳鼻咽喉科医は、症状と検査とともに中耳の感染症を診断することができます。診察中、医師は照明付きの器具で耳、喉、鼻を見て、通路に問題がないか確認します。急性中耳炎では、鼓膜は通常赤く膨らんでいます。慢性中耳炎では、鼓膜に穿孔、虚脱、または中耳への付着が発生することがあります。鼓膜に穿孔や分泌物がある場合は、分泌物から培養液を採取することで、どの細菌が中耳の炎症を引き起こしたのかがわかります。

中耳炎の診断を確認するために、いくつかの追加の検査と検査を行うことができます。

  • 空気圧耳鏡:中耳炎の診断に使用されるツールです。空気圧式耳鏡を使用して、非常に軽い空気を鼓膜に吹き込み、医師は鼓膜の後ろに液体が蓄積していないか調べます。
  • ティンパノメーター:このテストでは、鼓膜の動きを測定することで中耳の圧力に関するアイデアが得られます。
  • 音響反射率測定:このテストでは、鼓膜から反射される音の量を測定します。中耳に液体があると、ほとんどの音を吸収するはずの鼓膜が音を反射して戻します。

中耳の炎症はどのように通過しますか?

中耳感染症の症状は通常、最初の数日以内に改善し始めます。ほとんどの中耳炎は、治療をしなくても1〜2週間で完全に消えます。抗生物質は、中耳炎の治療に頻繁に使用されます。抗生物質を頻繁かつ不必要に使用すると、細菌の薬剤に対する耐性が高まる可能性があるため、医師に相談せずに抗生物質を使用しないでください。

  • 医師が推奨する簡単な鎮痛剤を使用することができます。
  • ホットプレスを耳に当てて痛みを和らげることができます。
  • 耳漏は綿で拭き取ってください。
  • 耳掃除用スティックや指を耳に挿入しないでください。
  • 水やシャンプーが耳に入らないように注意してください。

中耳炎の治療はどうですか?

中耳の炎症は通常、自然に治癒します。苦情が増え続ける中耳炎の場合は、医師に相談する必要があります。中耳の炎症は、その高い有病率、起こりうる合併症および後遺症のために、世界中で健康上の問題です。抗生物質は急性中耳炎に非常に頻繁に投与されますが、経済的にも高値に達する可能性があります。中耳炎に対して薬物療法が不十分な場合は、耳管を使用できます。中耳の炎症手術は、病気の状態によって異なる場合があります。

中耳炎の治療に使用される薬はどれですか?

  • 中耳の炎症薬は、痛みを和らげ、感染を和らげるために使用されます。
  • アセトアミノフェンまたはイブプロフェンを含む市販薬は、痛みを和らげるために服用することができます。
  • 中耳の炎症の結果として鼓膜に穴や裂け目がない場合は、麻酔薬を使用して痛みを和らげることができます。
  • 中耳の炎症ドロップは準備ができているか、薬局で準備された手作りのドロップを使用することができます。
  • 経口または点耳薬として使用される抗生物質は、中耳炎の治療に使用される薬の1つです。
  • 鼻づまりに使用される充血除去薬とアレルギーに使用される抗ヒスタミン薬の利点は、中耳炎の治療において物議を醸しています。

チューブ留置手術

中耳に溜まった水分は、薬や抗生物質を使用しても改善しない場合があります。再発性中耳炎、自然にまたは治療で治癒しない中耳炎、および鼓膜の虚脱の場合、耳中耳炎チューブ挿入手術を行うことができます。

中耳管の挿入中に、耳鼻咽喉科医は鼓膜に小さな穴を開けます。小さなチューブ(鼓膜切開チューブ)が開口部に挿入され、中耳の換気を助け、それ以上の水分の蓄積を防ぎます。一部のイヤーチューブは、6か月間所定の位置に留まり、その後自然に脱落することを目的としています。他のチューブは長持ちするように設計されており、外科的に取り除く必要があるかもしれません。鼓膜は通常、チューブが取り外された後、自然に閉じます。

中耳の炎症手術

  • 慢性中耳炎の治療に使用される薬が反応しない場合は、外科的治療が推奨されます。手術は、外科的治療における病気の大きさに応じて行われます。
  • 鼓膜修復手術(鼓室形成術)は、鼓膜に穴があり、他の病状がない患者で行われます。これらの手術では、一般的に耳の顕微鏡が使用されます。これでは、大多数の患者の耳の後ろまたは耳介の前部上部から切開を行うことによって手術が行われます。
  • より進行した病気の場合、耳の後ろの骨を治療する必要があります。
  • 真珠腫は耳の病気の中で最も重要な状態であり、その治療は遅滞なく行われるべきです。真珠腫は、通常はそうではないはずの皮膚が中耳にある場合です。この場合、真珠腫は徐々に成長し、周囲のすべての隣接組織に損傷を与えます。したがって、それは顔面神経麻痺から脳損傷に至るまでの合併症を引き起こします。
  • 真珠腫を伴う慢性中耳炎の治療では、手術を遅滞なく実施し、骨の病変組織を除去し、必要なリハビリテーションを行う必要があります。

中耳の炎症内視鏡手術

  • 最近、適格な患者では、耳の顕微鏡の代わりに内視鏡器具を使用して手術が行われています。この場合、病気に到達するのは簡単です。
  • 内視鏡手術のおかげで、耳の後ろを切開することはなく、患者は外耳道から入り、組織の除去が少なくなります。
  • 内視鏡的耳の手術では、手術時間は短く、健康な組織は除去されず、介入に切開はありません。
  • これらの患者では、術後の期間ははるかに痛みがなく快適ですが、回復はより早いです。

中耳炎が治療されない場合はどうなりますか?

ほとんどの中耳炎は問題を引き起こしません。ただし、再発性および未治療の中耳炎は、より深刻な問題につながる可能性があります。

  • 頭の他の部分の感染症
  • 鼓膜の破裂。
  • 聴覚障害または永続的な難聴
  • 乳幼児や子供に聴覚障害が発生した場合の言語能力と社会発達能力の遅れ
  • 顔面神経麻痺、髄膜炎があるかもしれません。

中耳の炎症を避けるために何をすべきですか?

  • 中耳の炎症は通常、上気道感染症の後に発生します。中耳炎を避けるために、上気道感染症の予防策を講じることが重要です。
  • タバコの煙への暴露は避けるべきです。
  • 赤ちゃんはできるだけ母乳で母乳で育てるべきです。母乳には、耳の感染症からの保護を提供できる抗体が含まれています。
  • 哺乳瓶で赤ちゃんを養う場合は、できるだけ直立させてください。

急性中耳炎は一般的ですか?

中耳の炎症は、特に子供たちの間で非常に一般的な病気です。子供の80%までが、3歳になる前に少なくとも1回は中耳炎にかかったことがあることが知られています。

中耳の炎症は伝染性ですか?

中耳の炎症は伝染性ではありません。子供や大人が中耳炎でお互いに感染することはできません。ただし、中耳の炎症は通常、ウイルス感染後に発生します。これらのウイルス感染は伝染性です。

なぜ赤ちゃんや幼児は耳の感染症にかかるのですか?

中耳から鼻と喉の後ろまで伸びる耳管は、乳児や幼児では短く水平です。これにより、耳管がより簡単に塞がれます。ただし、幼児は免疫システムが低いです。

中耳炎のハーブ療法はありますか?

中耳炎に対するハーブ療法はありません。

中耳炎のハーブ療法の名の下に

  • ニンニク
  • 玉ねぎ
  • ティーツリー油
  • オリーブオイル
  • リンゴ酢
  • バジル
  • ベラドンナ
  • ハリネズミ
  • トリカブト
  • 黄色いデイジーのような多くの植物や花を使う方法が議題になっています。

しかし、中耳炎のハーブ療法または自然療法の名の下に登場するこのような方法は、中耳炎の治療には適していません。