妊娠の症状:初期の妊娠の症状

妊娠の最初の日から、いくつかの変化が体内で起こり始めます。これらの変化は、妊娠中の母親の中には気づかれている人もいますが、気づいていない人もいます。妊娠の症状は週ごとに異なりますが、すべての女性に同じ症状が現れるとは限りません。 「私は妊娠していますか?」、「私は何週間妊娠していますか?」そのような質問に正しい答えを得るには、医師に相談して体の反応を調べ、健康な妊娠プロセスを行う必要があります。

妊娠の症状は何ですか?

体の変化、妊娠によって分泌されるホルモン、子宮の成長、摂食パターンなどの要因により、妊娠の症状が毎週および毎月区別されます。妊娠の最初の兆候の中には、エストロゲンとプロゲステロンホルモンの増加があります。これらのホルモンの体レベルの増加に伴い;同時に、月経症状でもある乳房の過敏症の形成と乳房の成長が目立ちます。ただし、これらは妊娠の決定的な兆候と見なされるべきではなく、確実に妊娠検査を行う必要があります。妊娠を示す症状は最初の数週間はあまり明白ではありませんが、妊娠によって引き起こされるホルモンの変化は体内で急速に現れ始めます。一部の人々では、妊娠初期の症状が最初の週に現れ始めるかもしれません、そして、何人かの人々はこれらの症状を全く持っていないかもしれません。妊娠の症状は次のようにリストすることができます:

  • 月経の遅れ

月経の遅れは妊娠の最初の兆候の1つです。ただし、すべての月経の遅れが妊娠の明確な兆候であるとは限りません。妊娠中に月経出血がないために月経遅延が発生した場合、女性はこれを妊娠初期の症状と見なすことがあります。月経の遅れは、妊娠やその他の婦人科疾患の兆候である可能性があります。さらに、ストレスや摂食障害も月経の遅れを引き起こす可能性があります。

  • 胸の痛みと乳房の圧痛

妊娠初期の症状には、「乳房の変化」が含まれます。妊娠によって引き起こされるホルモンの変化(エストロゲン、プロラクチン、プロゲステロンホルモンの分泌)は、乳房の痛みを引き起こす可能性があります。胸痛も月経症状の1つであるため、それだけでは決定的な妊娠症状になるには不十分です。妊娠の症状には、乳首周辺の肥大や黒ずみも含まれる場合があります。妊娠の兆候として見られるこれらの状態は、受精直後または妊娠後期に発生する可能性があります。妊娠初期に乳房の圧痛として見られるこれらの状態は、妊娠後期に成長を続けます。同時に、妊娠中に乳首の乳管が開き始めます。

  • 出血(分泌物)

場合によっては、妊娠の症状が分泌物として現れることがあります。妊娠中の出血は光の斑点の形であり、妊娠の始まりの前兆となる可能性があります。これらの出血は月経出血とは異なり、妊娠の開始を示している可能性があるため、妊娠の初期兆候の1つです。同時に、出血は子宮外妊娠の兆候である可能性があるため、医師の診察を受ける必要があります。

  • めまい

妊娠中は、代謝の変化によりめまいが見られます。このプロセスでは、代謝モニタリングが非常に重要です。

  • 倦怠感と睡眠への欲求

体内のプロゲステロンホルモンが増えると、眠りたいという欲求を引き起こす可能性があります。このため、妊娠の最初の3か月の症状は、睡眠と倦怠感に対する絶え間ない欲求である可能性があります。この症状は妊娠3ヶ月後に減少します。

  • 胃と消化器系の問題

胃や消化器系の問題は、妊娠の症状の中にある可能性があります。妊娠によって分泌されるプロゲステロンホルモンは、食物の進行を食道よりも遅くします。この場合、食物の消化と胃の排出が遅れる可能性があります。消化不良や腹部膨満などの症状は、妊娠の症状の1つです。妊娠が疑われる人は、消化不良や腹部膨満感の薬を使用する前に医師の診察を受ける必要があります。

  • 皮膚の問題

体の一部にある茶色の斑点は、妊娠の兆候である可能性があります。妊娠スポットは通常、乳首、鼠径部、腹部、腹部の周りに見られます。これらの斑点の原因は正確にはわかっていませんが、妊娠中に分泌されるエストロゲンホルモンが原因であると考えられています。妊娠中の肌の色の色素変化は、妊娠マスクとして知られています。この状況は、妊婦の70〜90%に見られます。妊娠中の皮膚のしみは、日光や他の紫外線にさらされるとさらに増える可能性があります。

妊娠中のにきびは、ホルモンの変化のために8週後に見られます。まれに、既存のにきびが減少する場合があります。

妊娠の最後の3か月で、妊娠のひびが形成され始めるかもしれません。これらのひびは、特に腹部、腕、脚に見られます。遺伝的要因も妊娠中のストレッチマークの形成に影響を及ぼし、それらを完全に防ぐことはできません。

  • 便秘

妊娠の症状の1つである消化器系の遅さは、便秘を引き起こす可能性があります。この理由は、子宮の成長が腸の最後の部分に圧力をかけるためです。妊娠が疑われる人は、医師に相談せずに便秘に下剤や同様の薬を使用しないでください。

  • 頭痛

妊娠前に片頭痛の問題を抱えている女性は、妊娠中に頭痛を経験する可能性があります。片頭痛の問題がない女性も、妊娠の最初の3か月で通常よりも頻繁に頭痛を経験する可能性があります。妊娠中の頭痛は通常緊張性頭痛であり、ホルモンの変化、不安、ストレスが原因で発生する場合があります。鎮痛剤は一般的に妊娠の最初の3ヶ月の頭痛にはお勧めできません。妊娠中に薬を使用すると、胎児の発育の観点からリスクが生じる可能性があります。妊娠中に診断できない頭痛、高血圧、手足の浮腫がある場合は、すぐに医師の診察を受けてください。妊娠中の頭痛は、妊娠3か月後に緩和することができます。

  • 吐き気

妊娠の最も一般的な症状の1つですが、すべての吐き気が妊娠の兆候であるとは限りません。ストレス、めまい、肝炎、膵臓疾患、緊張した胃、胃ヘルニア、腸の緊張、逆流、胃の炎症、腸の内壁の炎症、腎臓病、胆嚢疾患、ウイルス性便秘、月経など。場合によっては、吐き気や嘔吐がよく見られます。

最初の妊娠期間の4人に3人の女性の一般的な不満は吐き気として知られており、生理学的理由により発症します。妊娠中に吐き気を引き起こす原因についての質問に対する答えは、エストロゲンとベータHCGホルモンの増加に関連しています。吐き気と嘔吐は人によって異なり、妊娠初期または中期に見られます。

妊娠中の吐き気は、妊娠中の母親にとって最初の3か月間は非常に困難な場合があります。つわりとして知られているこの状態は、めまいを伴うことがあります。炭水化物代謝の変化とビタミンB6欠乏症は、吐き気を引き起こす可能性があります。つわりは体の脱水症状を引き起こす可能性があるため、この期間中は栄養に注意を払う必要があります。

  • 臭気感受性

妊娠中に発生する臭気過敏症も吐き気を引き起こします。特にタバコ、香水、食べ物、激しい汗の臭いは、絞扼反射を活性化することによって吐き気と嘔吐を引き起こす可能性があります。臭気感受性は妊娠中のエストロゲンホルモンによって引き起こされることが確認されています。

  • 頻尿。

頻尿は、妊娠後期の最も一般的な症状の1つです。妊娠の兆候である頻尿は、4か月後に減少し始めますが、赤ちゃんの頭が膀胱を押すと、妊娠の終わりに向かって再び増加する可能性があります。頻尿が灼熱感や刺痛を伴う場合は、尿路感染症のリスクを考慮する必要があります。健康な妊娠をするためには、この状態は最初に医師によって診断され、次に治療されなければなりません。

  • 鼠径部の痛み

鼠径部の痛みは、妊娠症状の4週目から5週目に見られます。この理由は、胚が子宮の内壁に移植されるためです。妊娠中の鼠径部の痛みは予想される状態ですが、膣からの出血も危険な状況をもたらす可能性があります。鼠径部の痛みを伴う出血がある場合は、医師の診察を受ける必要があります。妊娠中の鼠径部の痛みは、妊娠中の女性の歩行や移動の能力に影響を与えるほど深刻ではありません。

妊娠の症状はいつ始まりますか?

妊娠の症状は、最初の週から体内で始まる可能性があります。これらの症状の感覚は人によって異なる可能性があるため、すべての人が同じ症状を示すとは限りません。

妊娠はどのように理解されていますか?

妊娠はさまざまな症状で現れ始めますが、最終的な結果は妊娠検査(排卵検査)の後に達成されます。家庭での妊娠検査(尿検査)または妊娠血液検査を使用して、妊娠が起こったかどうかを調べることができます。

妊娠検査はいつ行われますか?

尿と血液を使った妊娠検査があります。家庭での妊娠検査を受けたい人は、月経暦を考慮して尿検査を受けることができます。尿検査から明確な結果を得るには、1〜2週間ごとに検査を繰り返すのが健康的です。より速く、より明確な結果を得るために、血液検査は病院で行われるべきです。

妊娠を計算する方法は?

妊娠週の計算は通常、月経暦に従って行われます。健康な妊娠計算プロセスのために、あなたの期間に従うことが重要です。妊娠を計画している期間に妊娠カレンダーを保持しておけば、妊娠の追跡に支障はありません。妊娠中は毎週異なる症状に遭遇する可能性があります。健康な妊娠期間は、妊娠の週とこの期間中に遭遇する症状を追跡することによって達成できます。

妊娠中の一般的な問題の提案は何ですか?

  • 妊娠中の吐き気には何が良いですか?

妊娠中に吐き気を経験する妊婦は、十分な休息を取り、主にタンパク質(油や香辛料を含まない)を1日5食摂取する必要があります。液体食品の摂取は、食事中ではなく、スナックの間で好まれるべきです。つわりにはクラッカー、パン粉、ひよこ豆などの食品を摂取するのが良いかもしれません(ベッドから出る15分前に摂取するとより効果的です)。

妊娠中に吐き気を引き起こす別の状態は、胃潰瘍を引き起こすピロリ菌として知られている細菌です。妊娠前に経口避妊薬を使用していて、このピルが原因で吐き気を経験している女性は、妊娠中の吐き気の割合が高くなります。同様に、乗り物酔いの女性は妊娠中により気分が悪くなることがあります。

妊娠中の母親の心理的問題、胃腸系の変化、ビタミンB6欠乏症、および甲状腺の正常以上の働きも、妊娠中の吐き気を増加させる可能性があります。この期間中に嘔吐が非常にひどい場合は、栄養不良と体重減少が見られます。

  • 妊娠中の頭痛に対してどのような予防策を講じることができますか?

妊娠中のエストロゲンホルモンの増加に伴い、他のホルモンに見られるでこぼこの状態が代謝の変化を引き起こします。血流の増加や血管拡張などの状況は、片頭痛の痛みを増加させます。計画された妊娠を実現する場合は、片頭痛のある妊婦にボトックス治療を適用することができます。これにより、痛みを和らげる良い結果が得られます。

  • 妊娠中の便秘を避けるために何をすべきですか?

妊娠中に便秘の問題がある場合は、食物繊維が豊富な食品を水分をたっぷりと摂取する必要があります。

  • 妊娠中の皮膚のシミやひび割れに対してどのような予防策を講じることができますか?

妊娠中に出血を発見した人は、日光に出て日焼け止めを使用するときに注意する必要があります。ひび割れを完全に防ぐことはできませんが、肌のタイプに合った保湿剤を使用して、ひび割れを減らす対策を講じる必要があります。

  • 妊娠中の胸痛を軽減するために何ができるでしょうか?

妊娠中の胸痛の訴えを減らすために、乳首の過度の刺激を避け、圧力をかけないでください。

*専門家と妊娠期間をフォローする 妊娠ガイドサポート どうぞ。

//www.memorial.com.tr/saglik-rehberleri/pregnancy-症状-初期妊娠-症状/