喫煙とアルコールを避けることは寿命を延ばします

すべてのアルコールと薬物、特にタバコは、体内のほとんどすべての臓器に多くの損傷を与えます。これらの有害物質は、たまに使用することから始まり、時間の経過とともに中毒を引き起こし、多くの病気を引き起こす可能性があります。メモリアルヘルスグループの内科専門家は、「3月1日から7日までのグリーンクレセントウィーク」の前に、喫煙とアルコールの健康被害に関する情報を提供しました。

それがもたらすリスクを知る

喫煙と飲酒は、免疫システムを弱め、病気にかかりやすくする主な理由です。より長く、より健康的な生活のために、あなたはあなたの人生からこの有害なデュオを取り除く必要があります。

喫煙は糖尿病から癌まで多くの病気を引き起こします

研究によると、幼い頃から喫煙を始めることが病気の発症の最も重要な理由です。タバコの摂取は、多くの種類の癌、特に肺、口、膵臓の最も重要な原因です。喫煙は、体のインスリン分泌を破壊することにより、時間の経過とともに糖尿病を引き起こす可能性があります。

男性と女性にとって最も重要なリスクの源

定期的な喫煙は皮膚の構造を破壊し、しわを引き起こします。喫煙する女性は、予想より5〜10年早く閉経する可能性があります。これにより、骨が時期尚早に溶解します。繰り返しますが、喫煙している女性は非喫煙者よりも子宮がんのリスクが4倍高くなっています。喫煙はまた、男性と女性の両方を3回妊娠できないリスクを高めます。

タバコの肺、アルコールは肝臓を破壊します

タバコ;肺がん、乳がん、膵臓がん、結腸がんのリスクを高めます。アルコール摂取はまた、肝細胞や肝硬変の脂肪を引き起こす可能性があります。有害物質を外部から無害にしようとする肝臓は、アルコールを無害にするために一生懸命働き、疲れて時間の経過とともにその義務を果たすことができなくなる可能性があります。

アルコールとタバコは心臓の健康の2つの敵です

喫煙は、高血圧、呼吸不全、血中凝固傾向、善玉コレステロール値の低下、動脈硬化を引き起こすことにより、心臓の健康を危険にさらします。繰り返しますが、アルコールは心臓の健康の敵の1つです。アルコールの消費は心臓と皮膚の血管を拡張し、心臓の動作速度を上げ、血液循環を妨害し、血管を硬化させ、血圧を上昇させる可能性があります。

アルコールは麻薬です

アルコールの過剰摂取は混乱を引き起こし、健康を考えることができなくなります。アルコールも神経細胞に影響を与えます。神経細胞はアルコールに敏感であり、時間の経過とともに損傷し、手の震え、チック、麻痺を引き起こす可能性があります。過度の摂取は体の健康を悪化させます。胃の病気である腎臓の炎症、腸の下痢、胃炎、潰瘍を引き起こす可能性があります。

やめられない場合は、医師に連絡してください

喫煙とアルコールは、精神的健康だけでなく、身体的健康と損傷にも悪影響を及ぼし、時間の経過とともに経済的損失をもたらします。年齢や長年の飲酒に関係なく、喫煙や飲酒をやめるのに遅すぎることはありません。自分で禁煙や飲酒ができず、助けが必要な場合は、遠慮なく医師に相談してください。