妊娠中の赤ちゃんの知能発達を導くのはあなたの手の中にあります

妊娠中の適切な栄養は、母親と赤ちゃんの両方の健康にとって非常に重要です。妊娠中の母親は、正しい栄養プログラムを適用し、いくつかの特別な食品を摂取して、高度な知能を持ち、赤ちゃんの身体的発達にプラスの効果をもたらす必要があります。

赤ちゃんの知能発達は子宮から始まります。特にこの1-3のために。栄養は月の間の期間で非常に重要です。ビタミンや鉄、葉酸、ヨウ素、亜鉛、ビタミンB、オメガ3および6脂肪酸などのミネラルは、赤ちゃんの健康的な生理的および精神的発達に不可欠な栄養源から入手する必要があります。

週16〜24の間に最も多く取られた体重。

妊娠中に増加する総体重は平均して約12〜15キロです。最初の数ヶ月は吐き気と嘔吐で経過するため、通常は体重が減る可能性があります。 16週目の時点で、これらの症状は消え、妊婦はこの困難な3か月の痛みを和らげるためにほとんど食べ物を攻撃します。そして、急速な体重増加プロセスが始まります。一般に信じられていることとは反対に、最も体重が増える期間は、最後の数か月ではなく、16〜24週間です。理想的な体重増加は、最初の12週間は妊娠前の体重を安定させ、次の月には平均1.5〜2kg体重を増やすことです。

遅い時間の食事は消化の問題を引き起こします

妊娠中の食事は、3回のメインミールと3回のスナックとしてスキップせずに行う必要があります。朝食が朝遅くに行われる場合、すべての食事がハングするため、夜遅くに食べることが義務付けられます。これは消化器系の問題と過度の体重増加をもたらします。 18:00以降にメインディッシュを食べることはお勧めしません。しかし、軽食は消費することができます。

食事の2時間後に新鮮な果物で食事を中断する

朝食には、あまり浸さないお茶を1〜2杯、またはチーズとミルクを1杯、卵(または卵黄)、蜂蜜またはジャムを1杯、全粒粉パンまたは全粒粉パンを2〜3スライス、たくさんトマト、きゅうり、新鮮なミントまたはパセリのピーマンを消費する必要があります。絞りたてのフルーツジュースはカロリーが高く、血糖値が非常に速いため、お勧めできません。果物を圧搾されていない形で摂取すると、含まれている繊維を通る排便が増えるため、便秘を防ぐことで非常に有益です。果物の穀物と一緒に食事をした2時間後にスナックとして摂取する必要があります。食後すぐに食べてはいけません。果糖である果糖を主成分とする体は、食事で摂取した食品を脂肪として貯蔵したいからです。

たくさんの魚から離れて、ヘーゼルナッツとクルミを食べましょう

野菜は昼食時に摂取し、パスタやご飯を食べる場合はパンを絶対に食べないでください。肉や魚は、油で揚げるのではなく、グリルまたは蒸しの形で消費する必要があります。魚は少なくとも週に1回は摂取する必要があります。食べない場合は、ヘーゼルナッツ、ピーナッツ、オメガ3を含むクルミなどのナッツを、スナックとして一握りとして摂取する必要があります。これらの食品は、妊娠中の赤ちゃんの知能発達に重要な利点があります。缶詰のマグロは水銀含有量が高いため、深海魚としてはお勧めできません。

「二人の命は二人で食べなければならない」という圧力に言及しないでください。

妊娠中は、固形食品と液体食品に細心の注意を払う必要があります。ガス含有量の少ない、軽くて野菜ベースの食品が好ましいはずです。食後に食べるデザートは、食後1時間は低糖のミルクデザートが望ましいこと、脂肪、シャーベット、チョコレートデザートは避けるように注意する必要があります。チョコレートとその製品はカフェインが豊富で糖分が多いため、過度の摂取は母親を離れることによって赤ちゃんに栄養を与える血管を狭くし、血糖値の急激な変動と血糖値を上げることによるインスリン放出の不均衡を引き起こし、赤ちゃんの栄養を混乱させます急速に。

尿路感染症からの十分な水消費保護

たくさんの水を飲むことは妊娠中の最も有益な行動です。 1日にコップ10杯の水を飲むと、妊娠中に増加する尿路感染症のリスクが軽減されます。それは体重増加を減らします。妊娠中は、酸性の染めた飲み物は避けてください。コーヒーはカフェイン含有量が高いので、週に1〜2杯を超えてはなりません。プレーンミネラルウォーターといくつかのハーブティー(ライム、ミント、ローズヒップ、カモミール、ミント、レモン)を飲んでも大丈夫です。

掃除を信用しない場所ではサラダを食べないように注意してください

家の外のレストランでサラダ、生のミートボール、未調理のサラミ、ソーセージ、ソーセージ、内臓を摂取することは固く禁じられています。妊娠中の母親は、毎日の牛乳から作られたヨーグルト、酢と一緒に水に入れてよく洗う野菜、家庭で衛生的な条件下で調理された食事をできるだけ摂取することをお勧めします。