ビタミン欠乏症の10の兆候に注意してください!

体と精神の健康を保護するために、ビタミンを正しく適切な量で摂取することが重要です。体内のすべての臓器やシステムに影響を与えるビタミンの不十分な摂取は、さまざまな症状で現れる可能性があります。自然に摂取できるビタミンを補給するために、専門の医師に相談する必要があります。メモリアルヘルスグループ内科スペシャリストは、ビタミン欠乏症の症状に関する情報を提供しました。

これらの兆候に注意してください!

  1. 視力の問題: 視力に問題がある場合は、体内のビタミンA欠乏症を示している可能性があります。ビタミンAは、通常の視力と暗視をサポートするビタミンの一種です。ビタミンA欠乏症の眼球乾燥症;言い換えれば、白目や強膜の明るさを失うことによる乾燥や夜盲症などの問題が発生する可能性があります。
  1. 長時間の倦怠感: 身体の長期的な倦怠感、混乱、身体的協調は、ビタミンB1の欠乏を示している可能性があります。ビタミンB1は、特に脳のエネルギー生産に不可欠なビタミンです。
  1. 舌と皮膚のひび割れ: 一部の皮膚病や神経系障害は、ビタミンB6の欠乏によって引き起こされる可能性があります。唇や舌のひび割れや湿疹などの症状は、体内のビタミンB6の欠乏を示している可能性があります。その欠乏症では、細胞の再生が遅くなり、湿疹や炎症などの皮膚の問題が見られます。
  1. 貧血: 貧血はビタミン欠乏症の兆候である場合があります。葉酸はビタミンB群のメンバーです。それは葉酸またはビタミンB9として知られています。ビタミンB9の欠乏は、体の貧血の原因です。 DNA合成や細胞分裂の過程で重要な位置を占めるビタミンの一種です。
  1. 精神的疲労: 精神的疲労が長引く場合は、ビタミンB12欠乏症を示している可能性があります。ビタミンB12欠乏症は、精神的パフォーマンスに影響を与える状態です。精神的倦怠感は、時間の経過とともに知的スキルを低下させます。忘却、記憶喪失、集中力の欠如などの長期的な問題がある場合は、ビタミンB12の観点から調べる必要があります。
  1. 皮膚に簡単に発生するあざやあざ: 体にあざができやすい、または赤青のあざや皮膚に斑点ができる場合は、ビタミンCが不足している可能性があります。ビタミンCが不足すると、体がコラーゲンを作ることができなくなります。コラーゲンの生成に失敗すると、体内のさまざまな組織が崩壊し始め、組織の修復が中断される可能性があります。
  1. 骨の痛み:体内のビタミンD欠乏症は、骨の痛みや骨粗鬆症として現れることがあります。欠乏によって引き起こされる骨の痛みは、体全体に感じられます。これらの痛みはまた、時間の経過とともに倦怠感を伴う場合があります。
  1. 筋肉の喪失: 筋肉の衰弱と衰弱は、ビタミンE欠乏症によって引き起こされる可能性があります。ビタミンE欠乏症は、時間の経過とともに筋力低下を引き起こす可能性があります。筋肉量の減少、筋力低下、および関連するバランスの問題が発生する可能性があります。
  1. 過度の出血:体内の過度の出血は、ビタミンK欠乏症が原因である可能性があります。理由もなく長期間の月経出血、歯茎および鼻血、血尿または糞便もビタミンK欠乏症を示している可能性があります。
  1. 活気のない爪と髪:髪と爪の領域の問題は、ビオチンまたはビタミンB7の欠乏としても知られているビタミンHを示している可能性があります。フケ、脱落、活気がない、髪の毛の破損;急速な破損、軟化、白い斑点、爪の成長の遅さなどの症状に注意を払う必要があります。