相続人を防ぐための演習の手紙

到着;これは、太りすぎの人、長時間立っている人、または座った状態で働いている人が経験する最も重要な健康問題の1つです。男性よりも女性に4倍多く見られる静脈瘤は、通常、脚の下部、つまり最も圧力がかかっている体の領域に発生します。夜寝ている間にけいれん、かゆみ、足のむくみを引き起こす静脈瘤の問題に対して個人的な予防策を講じ、時間を無駄にすることなく治療を求めることは非常に重要です。

1日4時間以上起きている場合は注意してください!

脚の静脈瘤は成人人口の15〜20%に影響を及ぼします。静脈瘤は、静脈の拡大、伸長、湾曲として定義され、4時間以上生存した人では3倍多く発生します。到着;また、妊娠、肥満、姿勢障害、便秘、経口避妊薬、ホルモン療法などのさまざまな理由で発生する可能性があります。遺伝、危険なライフスタイル、喫煙が主要な危険因子として挙げられています。静脈瘤の家族歴がある人は、この病気を発症するリスクが4倍高くなります。

肥満は苦情を増やす

静脈瘤の最も一般的な症状;脚の見た目の悪化は、長時間立ったときの脚の痛みと脚の重さの感覚です。慢性的な足首の腫れや下腿潰瘍は、下肢静脈瘤にも発生する可能性があります。長時間立ったり肥満になったりすると、すべての脚の静脈瘤の影響が大きくなります。

相続人がいたら…

  • 痛みと満腹感
  • かゆみ
  • 足首の腫れ
  • 夜のけいれん
  • 出血
  • 皮膚の変化や開放創が発生する可能性があります。

治療しないと再発する可能性があります

静脈瘤の治療の目的は、愁訴を減らし、生活の質を高めることです。病気は一般的に良性であるため、ほとんどの患者は手術を受けていません。大きな静脈瘤のある患者では、出血や下腿潰瘍などの症状が現れた場合、外科的治療法が適用されます。静脈瘤の原因となる要因を排除しない限り、一定期間後に再発する可能性があります。

静脈瘤を避けるために;

  • 動き回る。ウォーキング、水泳、サイクリングなどの継続的な動きを好みます。夏の間は長時間の日光浴を避けてください。
  • 1時間以上座ったり立ったりしないでください。日中に数回足を上げておくと便利です。
  • かかとを遠ざけて、足でAの文字を書くように親指を合わせます。かかとをつなぎ、つま先を離して、Vの文字を作ります。かかとを地面につけたまま、足の前を持ち上げます。次に、足の前が地面に触れた状態で、かかとを持ち上げます。すべての動きを10回繰り返します。
  • 冷たい水で足をシャワーします。皮膚に冷水を当てると、心臓への血液の戻りが促進されます。
  • ゆったりとした服を選びましょう。
  • かかとの高さが5cmを超える靴は着用しないでください。
  • 食事に注意を払い、1日に少なくとも2リットルの水分を飲み、喫煙しないでください。
  • 医師の勧めなしに着圧ストッキングを使用しないでください。ただし、推奨される場合は、定期的に着用するように注意してください。