コロナウイルスは目からも感染する可能性があります

私たちの国だけでなく世界にも影響を与えるコロナウイルスは、目からも感染する可能性があります。さらに、いくつかの一般的な症状は、コロナウイルスの存在を示している可能性があります。このため、コロナウイルスが眼を汚染するのを防ぐために、個人の衛生状態は非常に重要です。協会博士AbdullahÖzkayaは、コロナウイルスと目の健康に関する情報を提供しました。実際、コロナウイルスは他のウイルスと同じように目に影響を及ぼします。また、目はコロナウイルスの感染点にもなり得ます。世界の最近の研究によると、異なる数が与えられていますが、結膜炎、またはピンクアイ病は、コロナウイルス患者の1パーセントで発生する可能性があります。

ゴーグルは重要です

コロナウイルスは、インフルエンザやインフルエンザなどの粘膜(唇、口、鼻腔内、白目などの組織)から感染するウイルスです。目の表面も粘膜で構成されているため、目はコロナウイルスの感染経路にもなり得ます。手が適切に洗浄されていない場合、口、鼻、目にコロナウイルスが感染するリスクが高くなる可能性があります。このため、医療従事者、市場で働く人々、銀行家、つまり人々と集中的に接触している人々は、勤務中は保護メガネ、フェイスシールド、マスクを着用する必要があります。普通の人は1日に何千回も手を顔に当てることができるため、ウイルスが広がりやすくなります。

適切なルールでレンズを使用する必要があります

コロナウイルス時代の最も興味深い問題の1つは、レンズの使用です。レンズは通常通り、適切なガイドラインに従って使用する必要があります。レンズを使用する前に、手を20秒間正しく洗う必要があります。洗った手を使い捨てのペーパータオルで完全に乾かし、レンズを目に入れます。レンズの使用時間中は、手が口、鼻、顔、目に触れないようにしてください。目をこすらないでください。レンズを真水に接触させないでください。同様に、レンズを取り外すときは、手を20秒間正しく洗う必要があります。使い捨てのペーパータオルで完全に乾かし、レンズを取り外して箱に入れます。コロナウイルス期間中は、レンズを使用する際に、番号のないメガネまたはフェイスシールドと保護メガネを使用できます。このプロセスでは、レンズよりも通常のメガネでフェイスシールドを着用する方が技術的に簡単な場合があります。

コロナウイルス患者は症状を示さないかもしれません

「コロナウイルスは結膜炎の症状を示さない」と言うのは正しくありませんが、まれにこれらの症状を示す患者がいます。無症候性の人もいます。言い換えれば、発熱、息切れ、咳などの既知の症状がないコロナウイルスの人々は、結膜炎の症状でのみ見ることができます。これについて行われた新しい臨床研究があります。結膜炎の症状は次のようにリストすることができます:

  • 目の血
  • バリ取り
  • 水やり
  • 発疹
  • かゆみ
  • 目の灼熱感または刺痛
  • まつげに付着した炎症
  • まぶたや膜の腫れ
  • 下まぶたの毛包

結膜炎の患者にCovid-19があるかどうかを区別することは非常に困難ですが、コロナウイルスに関しては無症候性です。コロナウイルスによって引き起こされた結膜炎には追加の所見がないからです。したがって、検査中は最大限の衛生状態が不可欠です。患者と医師の両方が、特に目の検査中に、コロナウイルス患者であるかのように行動しなければなりません。

目の検査には最大限の衛生状態が不可欠です

この意味で、目の検査は非常に重要であり、正しいルールで行われるべきです。患者に最も近い検査の1つである目の検査では、まず最初に、このプロセスでコロナウイルスの既往歴を注意深く行う必要があります。発熱、息切れ、脱力感、喉の痛み、咳などの所見は、患者に質問する必要があります。これらの症状のいずれかが存在する場合は、関連するユニットに通知する必要があります。検査中、患者はマスクを持っている必要があります。患者の状態に応じて、医師は特別に保護されたマスク、フェイスシールド、ゴーグル、エプロン上の保護オーバーオールなどの機器を持っている必要があります。呼吸シールドは、目の検査用のデバイスで使用する必要があります。これにより、汚染の可能性を防ぎます。さらに、デバイスは継続的に消毒する必要があります。検査の前後に、患者と医師は手を洗う必要があります。

目や顔に手を当てないでください

コロナウイルスが目から広がるのを防ぐには、次の規則に従うことが重要です。

  • あなたが想像できる限り、手を20秒間正しく洗う必要があります。この意味で、保健省の手洗い規則を読むことが重要です。
  • 通りから来るときは、手と一緒に顔を洗う必要があります、
  • 目をこすらないでください
  • 口、鼻、顔に手を入れないでください。
  • 手を洗った後でも、必要に応じて消毒剤を使用する必要があります。
  • オフィスで働く必要がある人は、表面に触れた後、必ず消毒剤を使用する必要があります。作業台、コンピューター、デバイスは消毒剤で洗浄してから、手を完全に洗う必要があります。
  • 手指衛生は、ドアハンドルと共用エリアで提供する必要があります。
  • 社会的距離に注意を払う必要があり、マスクは屋外で使用する必要があります。オフィスや混雑した場所では、メガネやフェイスシールドをマスクと一緒に使用する必要があります。
  • 外から家に入る場合は、着ている服とは別の場所を決め、換気する必要があります。衣服はもっと頻繁に洗うべきです。

いつ目の検査に行くか

目の健康に不満がある患者は、遠慮なく医師に相談してください。当院では、すべての支店で自信を持ってサービスを提供しています。デバイスの消毒は注意深く定期的に行われます。さらに、眼内注射治療を受けており、黄斑病、眼の損傷、糖尿病などの慢性疾患を患っており、レーザー手術を受けた人は、治療を中断して目の検査に行くべきではありません。