まぶた手術後の栄養と薬の使用への注意

心臓弁膜症は、弁の修復または変更で治療できます。ほとんどの場合、変更が加えられますが、これらの患者は一生薬を使用する必要があります。

心臓弁置換術が成功した後、患者は生涯を通じていくつかの規則に従わなければなりません。抗凝血剤の定期的な使用に加えて、これらの患者が彼らの食事療法に注意を払うことも非常に重要です。

メモリアルディヤルバクル病院循環器科スペシャリストは、心臓弁置換術を受けた患者に注意を払い、生涯にわたって抗凝血剤を使用するための規則に関する情報を提供しました。

弁置換術には抗凝血剤を使用する必要があります。

心臓弁が機能しない場合、患者の心臓弁はそれを修理または交換することによって外科的に治療されます。心臓弁を金属弁に交換した患者では、新しい弁が血球を刺激し、凝固を促進する地面を作ります。したがって、患者は抗凝固薬、つまり抗凝血剤を使用することが不可欠です。そうしないと、金属製の心臓弁に形成された血餅が弁を通過する血流を減少させ、弁が適切に機能できなくなります。何よりも悪いことに、血餅は脳に移動し、麻痺や失明、または体の他の部分に到達したときに突然の臓器不全を引き起こす可能性があります。

薬を使用している患者も食事療法をする必要があります

抗凝血剤の1日の投与量は固定されておらず、人によって異なります。 1日4分の1錠を使用する患者と1〜2錠を必要とする患者がいます。血中のINR測定値に従って医師が決定した用量で薬を使用することが重要です。しかし、患者の正しい投与量を決定するだけでは十分ではありません。抗凝血剤は食べ物や飲み物の影響を受ける可能性があるためです。言い換えれば、食品は薬の効果を減少または増加させる可能性があります。したがって、患者が抗凝血剤を使い始める間、彼/彼女は彼/彼女のために適切な食事療法プログラムを作成するべきです。彼は、医師の勧めにより、栄養と食事の専門家の管理下で適用する食事規則を遵守しなければなりません。

鎮痛剤と抗生物質の使用に注意を払う

手術後に心臓弁の患者が使用する抗凝血剤は、患者が服用するいくつかの薬や食べ物や飲み物と相互作用する可能性があります。これは、薬の用量要件の変更を引き起こす可能性があります。抗凝血剤は、いくつかの鎮痛剤や抗生物質の影響を特に受けることが知られています。このため、患者さんが無意識のうちに行動したり、そのような薬を服用する必要がある場合は医師に相談したりしないことが非常に重要です。そうしないと、体内の出血や心臓弁の凝固など、生命を脅かす結果が生じる可能性があります。

手術後の生活には注意が必要です

患者の回復を加速し、弁手術後の健康的な生活を確保するためのいくつかの規則に従う必要があります。術後の回復期間を短縮する最も重要な活動は、体を疲れさせない簡単な運動です。患者に最も適した運動は定期的な散歩です。これとは別に、健康的な食事、薬の定期的な使用、医師の管理を中断せず、推奨事項に従って行動するなどの規則を遵守する患者は、健康的な方法で生活を続けることができます。