風邪

記念病院内科の専門家は、頻繁に混乱するインフルエンザと風邪の違いを明らかにし、インフルエンザワクチンに関する情報を提供します。インフルエンザは一年中見られる感染症で、倦怠感、鼻水、咳などの症状を伴うさまざまなウイルスで発生し、最大1週間から10日以内に自然治癒します。この病気は世界中で一般的です。温暖な気候帯でよく見られますが、季節が変わると急激な気温の変化に伴って寒さが増します。そのため、秋に最も多く見られます。誰でも平均して年に1、2回風邪をひくことができます。感染症は年齢や性別とは関係ありません。しかし、子供は大人よりも敏感です。風邪をひいたり、くしゃみをしたり、咳をしたりして空気中に広がるウイルスを吸い込むことで伝染します。風邪の症状は、ウイルスを摂取してから数時間後に始まることがあります。 10日、くしゃみ、中耳炎、肺炎などの合併症を引き起こし、治癒が困難になり、長引く。治療は症状指向です。パラセタモール薬は頭痛、倦怠感、発熱に使用できます。鼻を塩水で洗い、ビタミンCを摂取する以外にできることはほとんどありません。抗生物質を使用する必要はありませんが、合併症が発生した場合は、必ず医療機関に相談する必要がありますので、1週間経ってもインフルエンザが改善せず、症状が悪化した場合は、医師の診察を受けてください。 。病気を予防するためにすべき唯一のことは、風邪をひいている人から離れることです。特に、病気が非常に一般的で窮屈な場所である月にはそうです。ワクチンはありません。

インフルエンザ-インフルエンザ

インフルエンザは風邪のような感染性ウイルス感染症ですが、風邪よりもはるかに重症で、インフルエンザウイルスは唾液滴を介して人から人へと伝染します。それは世界中で見られますが、主に温帯気候帯で見られます。通常、秋の寒い時期に始まりますが、夏の終わりの暑い時期に流行が始まることが検出されています。この病気は、霧、曇り、雨の日以降に増加します。すべての人種、性別、性別は等しくインフルエンザにかかりやすいです。しかし、幼児や高齢者、体の抵抗が少ない病気の人は病気にかかりやすくなり、学校、兵舎、工場、刑務所、ナーシングホームなどで感染しやすいため、急速に広がります。秋と冬の季節には、公共交通機関の乗り物、映画館や劇場などの場所が病気の伝染を促進することが知られています。病気はインフルエンザウイルスに感染してから1〜3日以内に始まります。発熱は悪寒とともに39〜40度に上昇します。関節や筋肉、特に背中や腰に痛みがあります。倦怠感や倦怠感があり、吐き気や嘔吐も見られることがあります。のどの痛み、激しい咳、胸の灼熱感が訴えられます。患者はベッドに倒れます。この病気は、全身の痛みや脱力感から、ぼろきれ病とも呼ばれます。病気は4-5日以内に徐々に改善し始め、最大1週間以内に自然に解消します。肺炎、心膜炎、髄膜炎、副鼻腔炎、中耳炎などの合併症が発生すると、病気が長引き、致命的な病気になる可能性があります。この危険性は、子供や高齢者ではるかに高くなります。インフルエンザは、エピデミックで最大15%の死亡率を伴う深刻な病気です。風邪に有効な予防法はインフルエンザにも当てはまります。また、近年頻繁に使用されているワクチンは、インフルエンザに対する高い防御力を持っていることが確認されています。毎年流行しているインフルエンザウイルスは、それ自体が変化するため、その年に生産されるワクチンは、世界保健機関によって再決定されます。したがって、リスクグループの人々への予防接種は、毎年秋の初めに繰り返す必要があります。

誰がインフルエンザワクチンを接種すべきですか?

  • インフルエンザは重大なリスクであり、医学的に適用することをお勧めします:・65歳以上の人々・糖尿病患者(糖尿病)・喘息患者・慢性肺疾患(気管支炎など)・慢性心血管系患者(冠状動脈患者)・免疫系抑圧されている人(慢性血液疾患のある人-ヘモグロビン症、癌性疾患、免疫抑制剤を使用している人)・ナーシングホーム、ナーシングホームなど。生活環境
  • 二次リスクグループ上記のリスクグループの人々と密接に接触している人々および・50〜64歳の個人・医療従事者・上記のリスクグループと同じ環境に住んでいる人々・ナーシングホームで働く人々 、ナーシングホームなど
  • 特定のグループへの推奨事項・妊娠中の女性(生後4か月から)・HIV感染者・頻繁な旅行者・インフルエンザの医学的および経済的悪影響から保護されたい人(ビジネスマン、生産労働者、運動選手など)

誰が予防接種を受けることができませんか?

インフルエンザワクチンは、副作用がほとんどない非常に安全なワクチンです。他のワクチンと同時に使用することができます(たとえば、肺炎ワクチンと同時に異なるブランチで投与することができます)。インフルエンザワクチンは、生ウイルスまたは弱毒化ウイルスを含まないため、インフルエンザを引き起こしません。それどころか、ワクチンにはウイルスの粒子のみが含まれています(分割ワクチンの場合-たとえばVaxigrip)。予防接種の前後に特別な準備(飲食制限、入浴禁止など)は必要ありません。一部の人々はインフルエンザの予防接種を受けるべきではありません。これら:

  • 6ヶ月未満の赤ちゃん
  • 卵に対するアナフィラキシーアレルギー(卵を食べるときのアレルギーショック)。
  • 妊娠の最初の3か月の女性(医師が絶対に必要であると判断した場合にのみ、インフルエンザワクチンを接種できます)上記の発熱のある患者では、発熱が治まった後にワクチンを投与することをお勧めします38度。

FLUと他の疾患グループとの関係

  • インフルエンザの流行の間、インフルエンザにかかった糖尿病患者は入院によって治療されます。
  • インフルエンザにかかっている糖尿病患者は、通常の6倍の頻度で病院に行く必要があります。
  • インフルエンザの季節には、糖尿病患者の死亡率は5%から15%増加します。
  • インフルエンザや肺炎で亡くなる糖尿病患者の数は、糖尿病のない患者の3倍です。
  • 毎年、1万人から3万人の糖尿病患者がインフルエンザまたは肺炎で亡くなっています。
  • インフルエンザで亡くなる糖尿病患者の数は増えていますが、彼らの大多数はインフルエンザワクチンを持っていないことがわかっています。繰り返しになりますが、致命的な危険である肺炎に対する予防接種の割合ははるかに低くなっています。
  • 糖尿病に加えて、心血管疾患、腎臓病、および50歳以上の人々のリスクは指数関数的に増加します。
情報:444 7 888