PRP治療とは何ですか?

PRP; (多血小板血漿)は、人の体から少量の血液を採取し、特別なプロセスで血漿を分離し、注射によって体内に戻すプロセスです。得られた血漿は「血小板」と呼ばれる細胞が豊富です。血小板は、それらに含まれる成長因子のおかげで、体内での主な役割が血液凝固を提供することです。 創傷治癒において 重要な役割を持っています。

PRP治療により、体内のいくつかの病気を癒し、自分の血液で肌を若返らせることができます。薬の代わりに自分の血液を使用するPRP治療では、特に環境的および遺伝的要因により、細胞の再生が遅くなるのを防ぎます。 PRP; 抜け毛から、肌の若返り、痛みの緩和、 多くの整形外科疾患 治療に使用されます。

PRP治療はどの病気で使用されますか?

血小板と呼ばれる細胞が主役を演じるPRP治療は、多くの医療分野で使用されています。今日、PRPは、糖尿病や静脈瘤、腱の損傷、テニス肘などの腱炎による非治癒性の脚の傷に使用されています。 歯科インプラントから その後、創傷治癒プロセスを加速するために使用されます。

年齢や環境要因により、肌の老化には目に見える変化がたくさんあります。肌の弾力性が低下し、シワが増え、たるみが発生します。これらすべてのうち;皮膚のコラーゲンとエラスチン繊維の減少とそれらの構造の劣化が原因です。

老化防止PRP治療と血小板、コラーゲン、 エラスチン繊維 増産を目指しています。

PRPプロセスのおかげで、2〜4週間の間隔で3〜4回のセッションで、異物や薬を使わずに完全に自然な若返りが体に提供されます。 PRPをお持ちの方は、最初のセッションから肌の乾燥したマットな外観の改善に最初に気づきます。以下の用途でPRPをお持ちの方のシワを軽減し、 肌の弾力性 増加が見られます。

PRPはどのように適用されますか?

PRPは専門医が適用すべき治療法です。まず、患者から採取した血液を滅菌条件下で特別なチューブに入れます。その後、血液はゲルの入ったチューブに入れられます。遠心分離機に入れられたチューブ内の血液中の物質は、5〜8分以内に分離されます。血小板と成長因子が豊富な血液の血漿部分が分離されます。得られた混合物は、注入方法に関連する領域に適用されます。

PRPは、2〜4週間で平均3〜4回のセッションで適用され、人のニーズに応じてメソセラピーと組み合わされます。 PRP硬化が完了した後 年に1〜2回の注射で プロセスを続行できます。

よくある質問

PRP適用の理由は何ですか?

  • 革に柔軟性と輝きを加えるために
  • 抜け毛を防ぎ、髪を強化します
  • しわやへこみを防ぎます
  • 傷、ひび、皮膚の損傷で皮膚を再構築する
  • レーザーなどの手術後の皮膚の迅速な再建を提供します
  • 医療美学では、顔、手、腕、内脚、首、デコルテなどの領域で使用されます。
  • PRPは、アキレス腱断裂に対する非外科的解決策を提供します。
  • 痛みにはPRP法が使用されます。
  • ほとんどのPRPアプリケーションは、バイオテクノロジー企業によって作成されたアプリケーションキットを介して医師によって実行されます。

PRPによるヘアトリートメントはどのように機能しますか?

1日あたり100〜150の脱毛は正常と見なされます。これ以上の場合は、脱毛を真剣に受け止めるべきです。 PRPはヘアトリートメントでも成功を収めています。患者は、特に脱毛において非常に効果的な結果を得ることが決定されています。 PRP処置中、患者自身の血液が採取され、デバイスを通過します。ここに 血小板根に栄養を与え、根の発達を確実にする部分が分離され、こぼれた領域に注入されます。この方法は、遺伝的流出に特に効果的です。 ヘアメソセラピー しかし、それは遺伝的脱毛のある人にPRPと組み合わせて適用することができます。

髪の毛のPRPアプリケーションでは、患者の静脈血の最初の10 ccが採取されます(1杯のティーグラスの1/10)。遠心分離された血液は、白血と赤血の2つの部分に分けられます。赤血球には、白血球、血小板、凝固因子、PGF(血小板成長因子)が含まれています。赤血球は特別な処理を経た後、napaj法により希釈された領域に注入されます。このアプリケーションの基本は、組織の再生です。 PRPによるヘアトリートメント30分。それが続く間、適用の間の苦痛はありません。 PRP後は傷がなく、すぐに日常生活を送ることができます。

PRPによるヘアトリートメントにはどのくらい時間がかかりますか?

PRPによるヘアトリートメントは、15日ごとに最大30分間適用され、通常3〜4か月かかります。その後は年1回の申請で十分です。この方法の最も重要な利点は、特別な血漿が患者自身の血液から得られ、アレルギーのリスクがないことです。

肌の若返り方法はPRPでどのように適用されますか?

皮膚の老化は、怪我の過程と同じように、その特徴のいくつかを失うことによって引き起こされます。皮膚の若返り方法では、創傷治癒中に適用されるさまざまな方法が模倣されます。最も効果的、最速、そして最も自然な方法で皮膚の損傷を修復できる構造は、それが属する皮膚全体の一部です。このため、PRPは私たちの静脈を循環するこの魔法の力を活性化する方法として開発されました。

PRPによる肌の若返りは、顔、首、デコルテ、手、内脚、腕など、体のさまざまな部分で主に考慮されます。特にレーザーやピーリングなどの塗布後、皮膚の迅速な再建を提供することが可能です。

紫外線にさらされた肌のしわ、シミ、くぼみを取り除くことができます。肌の柔軟性と輝きを取り戻すことも、PRPによる肌の若返りの最も重要な結果の1つです。また、体内の治癒に時間がかかる傷やひび割れなど、肌の質が損なわれる場合もPRPでコントロールできます。

PRPによる肌の若返り方法は何回かかりますか?

自分の血液を自分の体に注入することで若返りをもたらすPRPは、2〜4週間の間隔で3〜4回のセッションを続けることができます。 PRP法の最も特徴的な特徴は、異物や薬を体に与えることなく、完全に自然な若返りを提供します。

PRPのおかげで、最初のセッションから肌の乾燥したくすみのある外観が改善されます。しわの減少と皮膚の弾力性の増加もあります。 PRPは老化の兆候を緩和するのに役立つだけではありません。同時に、老化プロセスを遅くすることによって、それはほとんどです 「青少年ワクチン」 効果を示します。このため、老化の兆候を待たずに老化プロセスを遅らせたい大人なら誰でも使用できる方法です。

PRPはどのくらい肌に効果がありますか?

PRP後の肌に現れるツヤのある健康的な肌の外観は、しばらくすると明るくなることがあります。したがって、それは追加の肌の若返りアプリケーションで補足する必要があります。 PRP適用の3または4日後に治癒します 10〜12か月ごと 1回繰り返すと、若返り効果はほぼ永続的になります。

疼痛治療におけるPRPの場所は何ですか?

Prpは、特定のプロセスの後、タンパク質と成長因子の点で濃縮された、人自身の血液から採取されたサンプルです。成長因子とタンパク質は、炎症過程と痛みを軽減し、組織の治癒を助ける物質です。 PRP治療により、筋骨格系の損傷や炎症性疾患で成功する結果を得ることができます。 PRPは、肩の痛み、前十字靭帯損傷、関節の石灰化、足首の捻挫の治療に使用できます。患者自身の血液から採取したサンプルから分離して得られるPRPの治療に使用される液体は、血清として痛みを伴うまたは敏感な領域に適用されます。

タンパク質と成長因子がサイレントな局所幹細胞を活性化するため、プラズマ液は自然の薬のように機能し、損傷や損傷が発生する腱軟骨などの構造の治癒を促進します。

PRPが主に疼痛治療に使用されている分野は何ですか?

  • 膝の石灰化
  • 股関節の石灰化
  • 肩凝り、
  • テニス肘、ゴルファーの肘、
  • 前十字靭帯損傷;肩から膝まで、
  • 足首の捻挫、
  • 踵骨棘、
  • かさぶたの痛みとして知られている筋肉の緊張の治療

>

PRPには副作用がありますか?

PRP治療が行われている領域では、注射が刺された領域で小さな腫れ、痛み、あざが発生することがあります。感染を引き起こさないために、治療領域が無菌であることを保証するように注意を払う必要があります。ただし、これらの副作用は一般的ではなく、患者自身の細胞であるため、望ましくない影響を引き起こすことはありません。抗凝血剤を使用している、癌の病歴がある、さまざまな血液疾患がある、PRPが適用される領域に感染または炎症がある、妊娠中および授乳中の女性はPRPに適していません。また、PRP治療後の初日は入浴せず、日光から保護することをお勧めします。

膝の石灰化はPRPでどのように治療されますか?

PRPは膝の石灰化に広く使用されています。膝の軟骨は、年齢、外傷、およびさまざまな理由により摩耗しています。この摩耗は炎症過程を開始します。炎症を引き起こす要因は、膝関節の痛みや腫れを引き起こし、過剰な軟骨を加速することによって石灰化を引き起こします。 PRPで膝に適用されるタンパク質と成長因子は、この炎症過程を軽減し、軟骨の破壊を防ぎ、治癒を促進します。 PRPアプリケーションは患者の快適さを向上させます。

PRPはIVF治療でどのように機能しますか?

PRPは、超音波検査のガイダンスの下で、患者自身の血液の特別な分離プロセスの後に調製された沈殿物を両方の卵巣組織に注入することによって適用されます。

>

卵巣組織の反応は、通常、塗布後3か月で現れ始めます。絶望的な患者やPRP治療後に卵巣反応が悪化した患者では、卵子を得る以外の妊娠が得られていますが、これらの症例でPRP法が統計的に有意な成功を収めたという十分なデータはまだありません。