応急処置の最も重要なルール:最初に傷つけないでください!

訓練を受けていない人が水に溺れ、ヘビや虫刺されで傷口を吸い、てんかん発作のある患者のために玉ねぎの匂いを嗅ぐ心臓マッサージ…応急処置の間違いは人の命を救うことはなく、逆に命を延ばします-脅迫。

記念病院救急サービススペシャリストUz。博士GökhanFerahcanは、事故の影響は別として、応急処置の間違いにより多くの人がより多くの被害を受ける可能性があるという事実に注意を向け、「応急処置時の緊急介入」についての情報を提供しました。

応急手当者のパニック

ストレスのある人が他の人を助けることができるのは非常に困難です。慌てずに、自分が知っていることを冷静に実践しなければなりません。

失神;短期間の無意識です!

原因は、低血圧、空腹、息苦しさ、多幸感、極度の悲しみなど、感情状態の突然の変化である可能性があります。失神の場合は、最初に患者の脈拍と呼吸をチェックする必要があります。患者の脈拍と呼吸が規則的である場合、患者は仰向けになり、足を少し上げて動かないようにすることができます。タイトな服は緩め、閉じて混んでいると落ち着いた開放的な場所に運ばれます。 5分以内に回復しない場合は、医療チームに電話するか、慎重に病院に連れて行くのが最善です。

てんかん発作のある患者には、玉ねぎを嗅ぐのは無駄です!

てんかん患者が亡くなったとき、彼らが自分自身を傷つけないようにする必要があります。てんかん発作のある患者にタマネギを嗅いだり、失神した人にケルンを嗅いだりする主な目的は、患者に外部刺激を与えることと考えることができますが、そのような刺激はてんかんの危機を通過させるのに役立ちません。実際、ハンカチを口から口に向けて閉じるなどの動きは、患者の呼吸を妨げる可能性があります。病院の外で発作を起こしている場合、最も重要なアドバイスは、子宮収縮のために自分を傷つける位置から自分を救い出し、危険な物体がある場合はそれを取り除き、患者を一人で残すことです。ハンカチやネクタイを歯の間に入れて、舌を噛んだり、頭をぶつけたりしないようにすることができます。ほとんどの発作は通常1〜2分以内に自然に止まり、医療チームを待って電話する必要があります。

壊れた先端が露出している場合は、傷口を滅菌布で覆うことが重要です。

骨折の場合、最も重要なことはその領域を動かさないことです。骨が変形していないと、けがが捻挫なのか骨折なのかがわかりません。同じ方法を両方で使用できます。骨の先端が外側にある開放骨折の場合は、滅菌布を使用して傷口を覆い、できるだけ動きの少ない最寄りの医療機関に適用する必要があります。

傷口を吸うことは、有毒な昆虫やヘビの咬傷の大きな間違いです!

夏によく見かけるこのような状況では、ヘビと昆虫のどちらが有毒であるかを理解するのは困難です。ヘビや毒サソリの属を知っているのは、このテーマの専門家だけです。そのような怪我は真剣に受け止められるべきです。このような場合、噛まれた部分を洗い、アルコールやバチコンなどの消毒剤で拭き取り、血液のリサイクルを防ぐ方法を適用することが重要です。つまり、傷ついた部分を上部から布で締めて、できるだけ早く保健所に申請する必要があります。負傷した部分を切ったり吸ったりすることは非常に間違っており、介入する人の生命を脅かす可能性があります。ただし、別の方法で現場を真空にすることで、噛まれた部分の毒を吸収できる可能性がある場合に役立ちます。

無意識の心臓マッサージは生命を脅かすものです!

窒息は、水または大量の煙が原因で発生します。溺れている間に水が気道に逃げると、反射性のけいれんが起こり、体はそれ自体で気道を閉じます。人が水から離れるとすぐに、彼らの重要な機能がチェックされます。脈拍、心拍、呼吸がチェックされます。これらの所見に問題がある場合は、呼吸器および心臓のマッサージが行われます。ただし、これらは応急処置の訓練を受けた人が行う必要があります。間違った心臓マッサージは、命を救おうとしている間、人の命を危険にさらす可能性があります。煙に溺れる場合は、まず戸外に連れて行く必要があります。彼が自分の呼吸をしていない場合は、口から口への人工呼吸を行うことができます。

特に親は「ハイムリック法」を知っておくべきです!

異物の詰まりは、何かを食べたり飲んだりしているときの笑いや突然の動きの結果として発生する可能性があり、子供が遊んでいるときに口や鼻に物を入れた結果としてよく見られます。人が話すことができず、咳をし、両手で喉をつかみ、パニックに陥っている場合、過度の力で呼吸しようとしている場合は、直ちに介入する必要があります。

重度の気道閉塞の兆候がある場合は、片手で胸から支え、可能な限り前屈みにします。もう一方の手のかかとと肩甲骨の間を5回強くたたきます。後ろからの打撃で異物が出ない場合は、ハイムリック法(ハイムリック法)を適用します。特に親は、この操作がどのように適用されるかについてのトレーニングを受ける必要があります。