頭蓋底疾患の治療

頭蓋底は、脳組織と頭をサポートします。重要な構造が存在するため、頭蓋底からさまざまな病気が発生したり、この重要な解剖学的領域にまで及ぶ可能性があります。頭蓋底疾患の治療は、手術、放射線療法、化学療法、またはこれらの治療の組み合わせによって行うことができます。メモリアルシシュリ病院の脳、脊髄、神経外科の専門家が頭蓋底の病気と治療法についての情報を提供しました。

学際的な作業が必要

頭蓋底疾患の治療では、複数の部門が科学的および技術的用語で協力する必要があります。脳神経外科医を除いて、それぞれが独自の分野で経験を積んでいます。

  • 耳鼻咽喉科医
  • 神経麻酔科医
  • 神経内科医
  • 神経放射線科医
  • 放射線腫瘍医がチームにいます。

頭蓋底は重要な血管や神経の構造に近いため、外科的治療には経験が必要です。高度な技術の利点により、頭蓋底疾患は今日うまく治療されています。

治療される病気

  • 頭蓋底髄膜腫:これらは一般的に良性に振る舞う最も一般的な脳腫瘍です。
  • 聴神経鞘腫:これらは一般に、聴覚神経とバランス神経に発生する良性腫瘍です。
  • 神経鞘腫孤独:それらは良性で成長の遅い腫瘍です。 30〜60歳の間に最も一般的なこれらの腫瘍は、非常に大きな塊を形成し、神経が骨を圧迫する原因となることがあります。
  • 下垂体腫瘍
  • 脊索腫:鼻腔の後ろに見られる腫瘍。この腫瘍属のごくわずかが悪性です。
  • 線維性異形成:これは、正常な骨に取って代わる異常な組織のゆっくりではあるが進行性の成長によって引き起こされる疾患です。
  • 眼窩腫瘍:眼が位置する骨の空間は眼窩(眼窩)と呼ばれます。眼窩腫瘍は、ここで通常とは異なる方法で見られる構造の成長、または眼窩の軌道への体内の異なる腫瘍の広がりの結果として発生します。
  • 側頭骨腫瘍:これらは、耳が位置する骨(側頭骨)に由来する腫瘍です。最初の出口は外耳道の皮膚です。中耳と内耳を損傷する可能性があります。また、体のさまざまな部分に広がる可能性があります。
  • 三叉神経痛/片側顔面けいれん:三叉神経痛は通常、顔の下部と下顎に発生しますが、鼻の目にある場合もあります。 H浮腫性けいれんは、顔の筋肉の不随意の異常な収縮です。
  • 血管疾患:これらは血管系で発生する障害です。
  • 脳脊髄液の漏出

手術はどのように行われますか?

頭蓋底腫瘍に適用される最初の介入は手術です。他の腫瘍治療と同様に、それは腫瘍の除去に基づいています。近年、手術は複数の支店での技術開発により、はるかに快適に行われています。手術は内視鏡検査、ニューロナビゲーション、ニューロモニタリングの下で​​行われ、外科医の快適さを向上させ、合併症の少ないより安全な治療を提供します。内視鏡検査は、適切な場合に切開が少ないかまったくない、より広い視野を提供します。手術中に使用されるナビゲーションは、周囲の組織との関係を示しています。一方、神経モニタリングは、手術中に脳や神経に望ましくない相互作用がある場合に外科医に警告します。

追加の治療が必要ですか?

手術の目的は、患者に害を与えることなく取り除くことができる腫瘍組織全体を取り除くことです。しかし、これは頭蓋底の重要な血管と神経の構造が許す限り起こります。腫瘍全体を切除できない場合は、残りの腫瘍組織にガンマナイフなどの放射線療法が必要になることがあります。