膀胱炎とは何ですか?膀胱炎はどのように通過しますか?

「膀胱炎はどのように通過しますか?」、「膀胱炎の薬とは何ですか?」と「膀胱炎は薬なしで消えますか?このような質問は、膀胱炎の治療において最も一般的な問題の1つです。

膀胱(膀胱)の感染の結果として発生する膀胱炎は、通常、治療が必要であり、まれに自然に治る場合があります。しかし、再発性または慢性膀胱炎が治療されない場合、発生する感染症は腎臓に到達し、はるかに深刻な健康問題を引き起こす可能性があります。

膀胱炎の診断

膀胱炎の症状の1つまたは複数(頻尿、排尿中の灼熱感、尿の最後の部分の灼熱感、痛み、満腹感、排尿後の完全な緩和が得られない)の場合は、専門の泌尿器科医に相談する必要があります。膀胱炎は、医師の診察と簡単な尿検査で簡単に診断できます。

特に再発性膀胱炎の症例で使用される抗生物質を決定するためには、それを引き起こす微生物の種類を決定することが重要です。

放射線画像技術は、一般的に膀胱炎の診断には使用されません。超音波検査やその他の放射線検査は、特に膀胱炎の兆候があるにもかかわらず感染を検出できない場合に、腫瘍や構造異常を特定するために使用できます。再発性および慢性膀胱炎では、膀胱鏡検査(カメラシステムで膀胱を調べる)が必要になる場合があります。

膀胱炎はどのように通過しますか?

突然発生する急性膀胱炎は、自然に進行することがあります。水分摂取量の多さ、休息、保温などの対策で緩和されない膀胱炎については、必ず専門医に相談してください。

膀胱炎によって引き起こされる問題を排除するために、いくつかの対策を講じることができます。

「膀胱炎はどのように通過しますか?」質問への回答には、次のものが含まれる場合があります。

  • 膀胱炎の症状が現れると、大量の水を摂取することで、経験した問題を克服するのに役立ちます。
  • 尿が必要だと感じたら、時間を無駄にせずにトイレに行くべきです。
  • 生殖器の領域を前から後ろに掃除すると、膀胱への細菌汚染の可能性が減少します。
  • 刺激性のある化学物質や香料入りの製品は、生殖器の洗浄には使用しないでください。
  • 膀胱内の尿は、性交後できるだけ早く排出する必要があります。
  • 膀胱炎の症状が見られる期間中は、性交を避けることが有益な場合があります。
  • 腹部や鼠径部に熱湯を当てると、痛みを和らげることができます。

これらの対策は、膀胱炎の発症を防ぐのにも役立ちます。

また、膀胱炎を防ぐために;

綿の下着を使用すること、泡風呂の形で生殖器領域を刺激する可能性のある活動を避けること、性器真菌などの膀胱炎を短時間で引き起こす病気を治療すること、風邪を避けること、濡れた水着にとどまらないことが重要です、および避妊のためのダイヤフラムアプリケーションの代わりに異なる方法を使用する。

膀胱炎に対して取るべき措置が有益でない場合は、医師に相談する必要があります。

膀胱炎の薬物療法

  • 薬は一般的にシスチンの治療に使用されますが、シスチン自体や対策を講じても消えることはありません。膀胱炎に最適な薬を決定する前に、膀胱炎を引き起こす微生物を決定する必要があります。検査後、膀胱炎に使用する薬剤を決定する必要があります。
  • 膀胱炎に対する抗生物質の選択が誤って行われると、副作用のために問題が発生し、細菌の耐性の発達や慢性化する長期感染症につながる可能性があります。
  • 膀胱炎の治療では、適切に選択された抗生物質とともに、パラセタモールやイブプロフェンなどの痛みを和らげる抗炎症薬を使用して、経験した問題を軽減することができます。しかし、鎮痛剤だけでは治療効果はありません。
  • 通常、細菌性膀胱炎の抗生物質として。ニトロフラントイン、トリメトプリム-スルファメトキサゾール、アモキシシリン、セファロスポリン、シプロフロキサシン、レボフロキサシンを含む薬剤を使用できます。
  • 膀胱炎の治療に使用される抗生物質は、すぐに作用し始めるはずです。膀胱炎の症状が数日以内に改善しない場合は、医師の診察後に薬の変更が必要になる場合があります。
  • 再発性膀胱炎の場合、抗生物質を長期間使用する必要があるかもしれません。
  • 性交によって引き起こされる膀胱炎のいくつかのケースでは、性交の前に適切に選択された抗生物質の単回投与を行うことが有益かもしれません。
  • 治療期間は、治療に使用される膀胱炎治療薬によって異なります。
  • 膀胱炎治療薬の選択は個別に評価する必要があります。膀胱炎治療は個別化する必要があります。

間質性膀胱炎の治療

間質性膀胱炎の炎症の原因は明らかではないため、すべての場合に最適な単一の治療法はありません。他の細菌性膀胱炎とは異なり、抗生物質は膀胱に明らかな感染がないため、間質性膀胱炎の治療には有用ではありません。

間質性膀胱炎の症状と愁訴を緩和するために使用される治療法は次のとおりです。

  • 経口薬または膀胱に直接入れられた薬。
  • 水、ガス、または手術で膀胱を伸ばすなどの不満を減らすための練習。
  • 軽度の電気ショックを使用して骨盤の痛みを和らげ、場合によっては頻尿を減らす神経刺激

膀胱炎は薬なしでどのように進行しますか?

薬物治療を選択しないことによって膀胱炎のためのハーブ法を好むことは、私たちの国だけでなく世界でも最も頻繁に好まれる方法の一つです。しかし、ハーブ製品に関する科学的研究には証拠がありません。

  • クランベリージュースを飲むことは、膀胱炎が薬なしでどのように通過するかという質問への答えを探している人々によって使用される最も一般的な方法の1つです。しかし、膀胱炎の治療にクランベリージュースを飲むことの利点は、科学的研究によって証明されていません。
  • 膀胱炎の治療では、食事中の糖分の量を減らすことが有益な場合があります。
  • 重曹やクエン酸カリウムなどの製品は、尿の酸性度を下げるために使用されます。しかし、これらの製品が膀胱炎の治療に有用であることを示すには十分な証拠がありません。
  • 膀胱を刺激する;アルコール飲料、炭酸飲料、チョコレート、柑橘系の果物、カフェイン、辛い食べ物、トマトなどの食品は減らす必要があります。
  • イラクサやブルーベリーなどの利尿薬草の研究が膀胱炎の治療に適しているという十分な証拠は研究で得られていません。
  • 水と混合して消費されるリンゴ酢が膀胱のPHレベルに影響を与えることを示唆する研究があります。しかし、膀胱炎の治療におけるその有効性に関する十分な科学的証拠はありません。

男性は膀胱炎にかかりますか?

膀胱炎は一般的に女性に見られますが、男性と子供にも発生する可能性があります。男性の膀胱炎の原因は、女性よりも深刻な病気によって引き起こされる可能性があります。男性の膀胱炎;基礎疾患は、前立腺感染症、癌、前立腺肥大などの別の基礎疾患によって引き起こされる可能性があるため、遅滞なく特定する必要があります。

男性の膀胱炎のほとんどの場合、早期治療は問題を効果的に解決します。

閉経は膀胱炎のリスクを高めますか?

閉経した、または閉経している女性では、エストロゲンホルモンの欠乏により尿道と膀胱の内壁が薄くなります。薄い裏地は、感染したり、損傷したり、炎症を起こしたりする可能性が高くなります。

膀胱炎は子供を持つことに影響しますか?

いいえ、膀胱炎は男性または女性の出産に影響を与えません。

膀胱炎または尿路感染症は性感染症ですか?

嚢胞炎または尿路感染症は性感染症ではありません。