これらの食品は、男性が子供を産む可能性を高める可能性があります

適切な食品とのバランスの取れた食事は、体の健康と健康な世代の継続にとって非常に重要です。子供を産みたいが精子の価値が限界にある男性は、父親になる可能性を高めるためにハーブ資源に頼ることがよくあります。教授博士MehmetMuratBaşarは、精子の質と活力を高めるために摂取できる食品についての情報を提供しました。

問題の半分以上は男性にあります

保護方法なしで1年間の定期的な性交にもかかわらず、夫婦が子供を産むことができないことは、不妊症と見なされます。不妊の原因を調べると、問題の50〜60パーセントが男性の要因に関連しています。これらの患者の一部は、低受胎であると考えられ、精子を産生しているが、境界線の精子パラメーターを持っている患者です。不妊症のすべてのカップルは、設備の整ったセンターで体外受精の専門家と泌尿器科/アンドロロジーの専門家によって評価されるべきです。タバコやアルコールなどの一般的な有毒物質を避けることは、父親になりたいすべての男性のための一般的な推奨事項の1つです。しかし、多くの人は、この過程で父親になる可能性を高めるために、追加の栄養提案を求めています。

あなたは自然から助けを得ることができます

男性不妊症の場合、精子の動きと構造障害が重要です。この状況は、精子の構造的障害、ならびに死んだ精子細胞および体自身の細胞から放出されて精子に有毒である酸化物質が原因で発生し、これらは精子に有毒な影響を及ぼします。多くの植物や野菜には、これらの酸化剤の影響を排除する抗酸化物質、精子の動きを調節してエネルギー源として使用される物質、精子の発達と生産に役割を果たす微量元素とビタミンが含まれています。

キャロブ;これは、男性不妊症で最も広く使用されているハーブ源の1つです。精子と卵子の相互作用を提供する酵素の活性を高めるビタミンと亜鉛が含まれています。亜鉛は重要な抗酸化物質の1つです。

アボカドとアスパラガス; エネルギー源として使用され、抗酸化作用もあるカルニチンが非常に豊富です。 Lカルニチンは魚にも豊富に含まれています。エネルギー源としても重要なラルギニンは、オーツ麦、ピーナッツ、アーモンド、大豆、クルミ、乳製品、赤身の肉に含まれています。

カボチャとヒマワリの種;亜鉛やセレン、抗酸化作用のある物質、ラルギニンなどの微量元素が豊富に含まれています。それは精子の動きと数を増やします。亜鉛とセレンは、シーフード、ミルク、アーモンド、クルミにも含まれています。腸からの亜鉛とセレンの吸収は、タンパク質が不足している人では減少します。一方、高繊維食品は亜鉛とセレンの吸収を減らします。ハーブ療法を使用するときは、これらの反対の効果に注意を払う必要があります。

生姜、カリフラワー、ほうれん草; 含まれている亜鉛の観点から消費することが特に推奨されている植物の1つです。特にショウガは精子の数と速度を上げることが知られています。カリフラワーにはビタミンB6が含まれているため、カリフラワーの摂取は重要です。 B6は、カリフラワー、ほうれん草、クレソン、バナナ、オクラ、タマネギ、ブロッコリー、ズッキーニ、ケール、エンドウ豆、大根に含まれています。

柑橘類;ビタミンは一般的に精子の遺伝物質に作用します。柑橘系の果物によく見られるビタミンCは、遺伝物質の発達と酸化ストレスの軽減に貢献します。

ヘーゼルナッツピーナッツ;葉酸は神経系の形成に重要な役割を果たしています。男性の精子の遺伝物質の成熟にも重要です。レンズ豆、アーモンド、ヘーゼルナッツ、ピーナッツ、マメ科植物によく見られます。

トマトとジャガイモ;ビタミンEは、精子を酸化ストレスから保護し、卵子に入る速度を上げるだけでなく、速度を上げます。ビタミンEは一般的にトマト、ナッツ、ジャガイモ、魚油に含まれています。

フリントと鉄のとげ;アナトリア東部および南東部地域で一般的なアスパラガス草は、ホルモンのメカニズムに影響を与えることで精子の生成に寄与します。さらに、インドで栽培され、インドの医学で広く使用されている「アイアンシスル」植物は、テストステロンへの影響を増大させ、性的欲求を高め、テストステロンを介して精子の生産に利益をもたらします。

肉製品と内臓; ビタミンB12はDNA合成に不可欠です。このビタミンは、肉製品や内臓に最もよく見られます。

天然物に加えて、これらの製品を含む薬があります。これらの薬とより多くのハーブ法は、生殖補助医療をすぐに適用したくない、そしてしばらくの間自然妊娠のチャンスを試したい、そして精子値が正常に近い患者に推奨されます。一方、生殖補助医療を申請するカップルでは、​​実験室で得られる精子の質を高め、精子を毒性の影響から浄化するために、これらの物質を含む抗酸化剤が治療に使用されます。そうでなければ、無精子症の患者にハーブ物質を使用して精子を取得すること、ホルモン障害のある男性のハーブ物質でホルモン障害を治療すること、または精子障害が原因の精子障害の場合にハーブ法でこの要因を排除することはできません。停留精巣や遺伝的問題などの既知の要因。これらの薬や食品は、そのような患者の補助的な手段としてのみ使用することができます。