鼓膜裂傷のための快適な解決策

耳漏、ハミング、難聴、特に感染症は鼓膜を破裂させる可能性があります。損傷した膜が時間内に治療されない場合、難聴が伴います。 「軟骨鼓室形成術」法により、鼓膜の治療が快適に行えます。協会博士MustafaCemÖzbekは、「軟骨鼓室形成術」法による軟骨からの鼓膜の治療について話しました。

鼓膜破裂は感染によって引き起こされる可能性があります

鼓膜破裂の最も一般的な原因は、特に小児期の中耳感染症です。これらの感染症のいくつかでは、炎症は膜を突き刺すことによって流出します。適切な治療を行えば、これらの涙は通常、組織に損傷を与えることなく閉じます。しかし、治療が遅れたり不十分な場合、破水した膜はそれ自体を修復することができず、開いたままになります。この場合、外耳と中耳の間の障壁である鼓膜が消失したため、患者は時々耳漏を繰り返し始めます。それぞれの耳漏はまた、耳小骨の侵食を引き起こし、次の年に溶けるために難聴がさらに増加し​​ます。

詳細な検査は非常に重要です

患者が耳鼻咽喉科の医師に申請すると、外耳道、次に中耳と耳小骨の状態が評価されます。分泌物がある場合は、まず、洗浄と点滴除去によって耳を乾かします。耳は顕微鏡で検査する必要があります。次に、聴覚聴力検査は、難聴のレベルとタイプに関する情報を提供します。より詳細な情報を取得したい場合は、コンピュータ断層撮影も使用されることがあります。最終決定は、手術中の外科医の所見に基づいて行われます。

最初のステップは、聴力を回復することです

軟骨鼓室形成術は、移植片と呼ばれる新しい膜挿入段階まで、他の耳の手術と同じ方法で行われます。患者の問題が膜だけである場合、膜の患部は洗浄され、新しい膜を受け入れるのに適したものになります。中耳に病変組織がある場合は、それらを洗浄します。耳小骨鎖に吸収があり、聴力を妨げる可能性がある場合は、適切な骨セメントで接着するか、患者自身の耳小骨が伝わるように成形するか、外部から調達した補綴物で患者の声を再度聞くことができます。

顕微手術では、鼓膜は患者から採取した軟骨で治療されます。

耳のすぐ前またはバケツから採取した軟骨は、移植段階で使用されます。取り除いた軟骨の片側の鞘を本の葉のように丁寧に持ち上げ、軟骨を細く切ります。これらのストライプは、細すぎても広すぎてもいけません。そうしないと、配置中および手術後に問題が発生する可能性があります。新しい鼓膜に適した軟骨は、この手術に適切なサポートが配置された後、中耳に順番に配置されます。この段階を正しく行うためには、外科医は以前に十分な量の耳の手術を行い、一定の経験を積んでいる必要があります。そうしないと、正しい配置が行われないと、望ましい成功を収めることができません。適切に配置された軟骨に再びサポートが配置されます。回復を早めるためには、これらのサポートを正しく治癒する必要があります。そのためには、手術の開始時に慎重に保護する必要があります。膜の高い閉鎖率と感染に対するより耐性のある膜は、手術後の患者の快適さを向上させます。