あなたの肝臓の健康のためにこれらに注意を払ってください

初期には症状が出ない肝疾患は、腹部膨満、爪のつや消し、肌の色の黄変、後期の静脈の隆起などの症状で発生する可能性があります。キノコ中毒または有毒薬物への曝露の場合、これらの症状は数週間または数日以内に発生する可能性があります。協会博士OyaYönalは慢性肝疾患を引き起こす要因についての情報を提供しました。

栽培きのこ以外のきのこは摂取しないでください

慢性肝疾患は、進行した段階に達する前に症状を示さない場合があります。ただし、キノコ中毒や有毒な薬物への暴露の場合、症状は非常に短時間で現れる可能性があります。中毒が2〜3日を超えて有毒物質が肝臓に到達した場合、肝不全につながる写真を体験することができます。慢性肝疾患では、皮膚の色の黄変に加えて;

  • 腹部の水分の蓄積と膨満感
  • 脚の腫れと浮腫
  • 吐き気と食欲不振
  • 混乱と遅いスピーチ
  • 静脈が皮膚で目立つようになります
  • 爪のくすみなどの症状が見られます。

不要な抗生物質や鎮痛剤を使用しないでください

薬は肝臓で代謝されてろ過されるため、肝臓に疲労を引き起こします。一部の鎮痛剤や抗生物質は、その毒性作用のために肝細胞を殺すことができます。そのような薬が不必要にそして頻繁に使用される場合、肝不全までの写真が発生する可能性があります。精神科とてんかん薬は同様の結果を引き起こす可能性があるため、医師の管理なしに不必要な薬物使用を避ける必要があります。薬物の使用に加えて、農業や農薬への長期暴露は肝臓障害を引き起こす可能性があります。

ハーブの混合物は無実ではないかもしれません

インターネットや市場で販売されているハーブの混合物は、見た目ほど無害ではないかもしれません。さまざまな病気のために販売されているハーブ混合物に使用されている成分は完全には知られていないため、それらは否定的な結果を引き起こす可能性があります。健康な人でも肝不全を引き起こすこれらの混合物は、慢性肝疾患の人の臓器の完全な機能不全につながる可能性があります。

あなたの心臓はあなたの肝臓に影響を与える可能性があります

肝疾患はまた、さまざまな臓器によって引き起こされる可能性があります。心不全の場合、血流障害や肝臓内の過剰な残留汚染血液により、「肝硬変」と呼ばれる状態が発生する可能性があります。胆石が管を塞いでいる場合にも、肝障害が発生する可能性があります。これらに加えて、体内の銅や鉄の蓄積に伴って進行する病気や遺伝性疾患も肝臓病を引き起こす可能性があります。

肝炎の予防接種を怠らないでください

A型、B型、C型肝炎ウイルスは肝臓に定着し、感染を引き起こします。適切に治療されていない肝炎ウイルスは、肝不全や肝硬変を引き起こす可能性があります。成人期に慢性肝疾患を引き起こすA型肝炎は、通常、小児期に何の不満もなく治癒します。肝不全や肝硬変を引き起こす可能性のあるB型肝炎の最も重要な予防方法は、予防接種を受けることです。肝炎の病気は血液を介して伝染するので、一般的な歯ブラシやかみそりの使用は避け、保護されていない性交を試みるべきではありません。ペディキュア、マニキュア、入れ墨に使用されるツールが十分に滅菌されていることを確認する必要があります。肝炎と診断された患者は、6か月ごとに定期的な検査を受けることが重要です。

肝臓を太らせないでください

肝臓に見られる障害の多くは脂肪が原因です。過度のアルコール摂取とは別に、栄養失調と肥満は脂肪肝を引き起こします。サラミ、ソーセージ、脂肪の多いフライドポテト、既製のフルーツジュース、甘い栄養などの添加物を含む食品は、肝臓の肥育につながる可能性があります。肝臓が正常に機能するためには、睡眠パターンも重要な役割を果たします。週に3日の運動は、一般的な健康と肝臓の脂肪の両方にとって不可欠です。腰囲の拡大とともに見られる脂肪肝は、臓器移植に進むことができる画像を作成することができます。筋肉の破壊と非常に急速な体重減少での砂糖の不均衡な使用の結果として、肝臓が体を保護するために脂肪を増やす可能性があることを忘れてはなりません。

これらの食事規則は肝臓病患者にとって重要です

慢性肝疾患、特に肝硬変の中で、血液化学ではさまざまな障害が発生します。慢性肝疾患があるがまだ肝硬変を発症していない患者では、通常のバランスの取れた食事で十分です。これらの患者は、不必要な薬物使用、特にアルコールを避ける必要があります。肝硬変の患者は他の人より50%多くのエネルギーを必要とします。

  • 肝臓の患者は定期的に利尿剤を使用し、消費される塩のバランスを調整する必要があります。
  • アーティチョークはビタミンAとBが豊富で、利尿作用と抗酸化作用があるため、肝疾患の進行を遅らせることができます。
  • お茶の砂糖、チョコレート、蜂蜜、ジャム、コーラ、ソーダなどの単糖食品は、消費量を減らす必要があります。
  • 単純な砂糖を含む食品の代わりに、野菜や豆類、乳製品のデザート、ブルガーピラフなどの複合砂糖を含む食品をお勧めします。
  • ファーストフード、コンビニエンスストア製品、ソーセージ、ソーセージ、サラミの消費は避けてください。
  • 肉のグループでは、卵サイズの肉1個は、卵1個とマメ科植物大さじ4杯に相当します。それに応じて変更を行う必要があります。
  • ミルクグループでは、1杯のミルク、1杯のヨーグルト、マッチボックスのチーズ、2/3のマッチボックスチェダーチーズが同等です。その日にヨーグルトを食べたい場合は、対応するミルクまたはチーズを減らす必要があります。
  • シリアルグループでは、パン2枚、パスタ大さじ4、ライスピラフ、ブルガーピラフに相当します。