鼻の美学についての30の疑問の質問

1.どのような状況で鼻の審美性を実行する必要がありますか?

鼻形成術は、視覚的にも健康的にも適用される手術です。一般的に、鼻の形が視覚的に認識されないため、審美的な鼻の手術が行われます。これとは別に、外傷によって発生する変形を矯正するために、鼻の審美的手術も行われます。鼻形成術は、アーチ型の鼻、長い鼻の先端、鼻孔のサイズ、または非対称性などの不満のために実行できます。

2.鼻形成術には年齢制限がありますか?

筋骨格系が鼻の審美的手術の適切な発達を完了することが予測されるので、子供の骨の発達が完了することが期待されます。年齢制限ではなく、鼻の美学では、骨と軟骨の構造の発達が基礎として取られます。しかし、子供の心理を考えると、鼻よりも早く発達を完了する著名な耳の手術は、6歳でも行うことができます。形成外科には上限はありませんが、高齢になると麻酔や術後合併症が増える可能性があることに留意する必要があります。しかし、患者の全身状態を見て、患者が麻酔を受けるのを妨げるさまざまな状態がなければ、美容整形を行うことができます。

3.男性の鼻形成術と女性の鼻形成術に違いはありますか?

男性と女性の鼻の間には審美的な違いがあります。これの基準は通常、鼻が唇となす角度です。男性では約90度ですが、女性ではこの角度がやや高くなっています。つまり、女性の鼻は男性よりも高くする必要があります。形成外科の男性または女性の鼻形成術に適用される手術の原則は同じです。ただし、ここでは角度のサイズと量が異なります。鼻の先端と幅は男性でより顕著です。鼻背と鼻先の通路は不明瞭で、鼻唇の角度は女性らしく見えないはずです。

4.鼻形成術の医師はどのように選ぶべきですか?

鼻形成術を受ける人は通常、形成外科の専門家と耳鼻咽喉科医のどちらかを選択します。鼻の機能的手術は主に耳鼻咽喉科の分野です。鼻の審美性は形成外科の分野に参入しているようですが、経験豊富な外科医が両方の部門で行うことができます。鼻形成術を受けることを決定した患者は、彼が彼の鼻で何を変えたいかについての考えを与えるべきであり、そして医者は彼が何を変えることができるかについて患者に考えを与えるべきです。この点で、医師は既存の技術的な2次元および3次元の視覚ツールを使用して、術後の外観がおおよそどのようになるかを患者に示す必要があります。形成外科医はまた、鼻の呼吸に関する問題を解決することができます。鼻の審美性は、機能的な手術よりも複雑です。どちらのブランチも2つのプロセスを処理できます。ここでは、患者の好みが重要です。

5.鼻形成術と同時に、鼻および鼻づまりの手術を行うことはできますか?

コンチャ、言い換えればコンチャと呼ばれる構造は、鼻から吸い込まれた空気の加熱と加湿を提供します。鼻肉の肥大、すなわちコンチャ肥大は、一般の人々の間で鼻肉や鼻中隔の湾曲などの病気と混同される可能性もあります。

鼻腔では、アレルギー反応または中隔の湾曲に続発して、側壁の前から後ろに3列の鼻甲介、特に下部の鼻甲介が成長することがあります。鼻の輪郭や鼻中隔の湾曲などの鼻づまりを引き起こす問題は、鼻の審美性と同時に修正できる問題です。

6.鼻の審美性と顕著な耳の手術を同時に行うことはできますか?

鼻形成術は、医師の好みに応じて、目立つ耳や他の顔の審美的手術と一緒に行うことができます。

7.アーチ型の鼻に美容整形を適用できますか?

トルコは、鼻の構造の点でペルシャの鼻の家族に近いです。一般的に、苦情はアーチ型の鼻にあります。鼻がアーチ型の患者では、鼻のアーチを形成する余分な骨や軟骨を取り除くか取り除くと、技術的には屋根と呼ばれる部分が開き、屋根がノーズカッター、ピエゾ電気システム、またはチェーンソーで壊れて閉じます屋根。最近、アーチ型の鼻は、適切なアーチ型の高さの患者にベルトを貼ることなく、鼻の高さを完全に下げる技術で矯正することができます。

8.鼻の先端の審美性とは何ですか?

鼻の先端の審美性は、鼻の先端の軟骨を形作る手術です。鼻の先端の軟骨を形作ることで、鼻と唇の角度を増減させることができます。鼻先を細くすることができます。鼻の先端の審美性が実行されている間、鼻孔も介入することができます。このプロセス;これは、ベルトがないが鼻先が低い、鼻孔に問題がある、または鼻先が非常に広い患者に適した方法です。

9.アーチ型の鼻、鼻骨、または鼻の縮小手術は困難ですか?

鼻形成術の手術は、一般的にそれほど痛みを伴う手術ではありません。しかし、鼻形成術の最も一般的な間違いの1つは、鼻の審美的手術が痛みを伴うという知識です。手術後にあざや腫れが発生するため、鼻の審美的手術は痛みを伴う面倒な手術であると人々は信じています。過去には、鼻の審美的なタンポンの関係は人々を怖がらせました。鼻の審美性がタンポンなしの鼻の審美的手術にその場所を残した後、タンポンの除去中に経験した問題。過去に使用されていたタンポンは綿の構造であったため、鼻に付着して出血を引き起こしました。今日使用されているシリコンタンポンはそのような問題を引き起こしません。美的鼻手術後の腫れとあざ;

  • 手術で使用される技術
  • 年齢、性別
  • 患者さんの骨や軟骨の構造によって異なります。

医師の観点から、形成外科で最も難しい手術の1つは鼻形成術です。他の審美的手術と比較して、鼻は誰もが見たり評価したりできる器官であるため、その結果は誰もが見たり評価したりすることができます。

技術的に言えば、鼻形成術は難しい形成外科です。人の;皮膚、骨、軟骨の構造の違いにより、外科医の仕事が困難になる可能性があります。薄くて繊細な皮膚、骨、軟骨の構造を持つ患者は、より注意深く治療する必要があります。

鼻の皮膚が非常に薄い場合、あらゆる種類の技術的エラーが外部から簡単に気付くことができます。十分にサポートされていない軟骨も、治癒過程で非対称性を引き起こす可能性があります。

同様に、皮膚が厚い患者の形成外科は困難です。皮膚が厚い患者では、美しい美的ラインが外側から見えにくくなります。鼻の審美性の難しさは、アーチ型の鼻や鼻骨の湾曲ではなく、患者の骨、軟骨、皮膚の構造の違いによるものです。

10.整形手術で鼻中隔弯曲を取り除くことはできますか?

私たちが中隔と呼ぶのは、鼻腔を2つに分割する部分です。前部は軟骨でできており、後部は骨でできており、粘膜と呼ばれるカバーで覆われています。鼻中隔弯曲、つまり鼻の正中線にあるこの軟骨または骨の部分が片側に傾いていることが、呼吸障害の原因の1つです。ここでの曲率は、前面または背面にすることができます。片側に曲がりがあると、その側の通路が狭くなり、呼吸困難になります。

鼻の輪郭と中隔の湾曲は、鼻形成術と同時に形成外科医が操作することができます。

11.鼻の審美性はどのように行われ、どの技術が手術で使用されますか?

一般的に、鼻形成術で使用される技術は、オープンテクニックまたはクローズドテクニック手術に分けられます。オープンテクニックとクローズドテクニックで行われる手術には、状況に応じて長所と短所があります。

  • 鼻ピラスティアを開きます。 下部から小さな切開で鼻孔を開くことによって行われます。この部分を開くと、外科医はより広い視野角を得ることができます。一般的に、軟骨と骨に対して行われる手順は、クローズドテクニックと同じです。オープン鼻形成術は、進行した変形または以前の審美的手術の病歴のある患者に好まれる可能性があります。これを二次手術と呼びます。オープン鼻形成術の最大の利点は、外科医に広い視野と応用の機会を提供することです。ただし、鼻の先端の浮腫や打撲傷の回復時間は、閉じた鼻形成術よりも長くなります。
  • 閉じた鼻形成術;閉じた鼻形成術では、切開は鼻孔の内側にあります。クローズドテクニックで行う手術では、外科的視野角は小さくなりますが、外側から縫合瘢痕が見られる可能性はありません。さらに、回復時間は、オープン鼻形成術法よりも比較的短いです。

12.鼻の審美は、局所麻酔下で行うことができますか?

鼻形成術の手術は、全身麻酔下または技術的に局所麻酔下で行うことができます。鼻の審美は局所麻酔で行われますが、患者の目を覚ましているとさまざまな問題が発生する可能性があることを考慮する必要があります。患者の落ち着きのなさ、恐れ、そして外科医が快適に感じないことは、鼻形成術などの細かい手術の質を低下させます。全身麻酔下で鼻形成術を行うことは、患者と外科医にとってより快適です。

13.非外科的な鼻の審美性を持つことは可能ですか?

非外科的鼻形成術は、それ自体でいくつかの問題を提示します。非外科的鼻形成術で最も一般的に使用される方法は次のとおりです。

  • 鼻腔充填

これは、非自明な鼻弓に適用できる非外科的鼻形成術の方法です。手術を受けたくない患者さんにとってはメリットがあるようですが、その効果は永続的ではありません。鼻のアーチがある場合は、鼻の付け根にフィラーを充填して鼻を平らに見せたり、鼻の先端や背中の凹凸にフィラーを塗布したりできます。充填材による合併症は、この技術のリスクの範囲内で患者と共有されるべき状況です。今日使用されている充填材の信頼性は以前よりも優れていますが、遭遇する可能性のあるリスクや外科的合併症は、過小評価されるほどではありません。

  • 鼻ボトックス

ボトックスは、唇との接合部である鼻の先端に筋肉内投与することができます。ボトックスの効果で筋肉が弛緩すると、鼻の先で相対的な上昇が見られます。鼻ボトックスと同様に、その効果は短期的ですが、各患者への適用性と患者満足度に関する結果は、人の裁量に委ねられています。

  • 糸でノーズチップを持ち上げる

手術で使用するミシン糸を使った手技です。私の個人的な意見は、それが他のアプリケーションのように長期的な永続性を提供することには疑問があります。

14.ノーズチップリフトの審美性のみを実行できますか?

ノーズチップを持ち上げるだけでなく、ノーズチップの幅を狭くするなどの操作も可能です。鼻背が介在しないこのような処置では、鼻先の高さ、唇の角度、および鼻先の形状が修正されます。

15.ノーズファイリングとは何ですか?

これは、通常はアーチ型の鼻で、鼻の後ろの高さを下げるために使用される方法です。鼻の審美的な手術で使用されるラスプで、鼻の後ろの高さは望ましいレベルにもたらされます。鼻のアーチが高すぎる場合は、医師の好みに応じて、余分な部分をこすったり切ったりして取り除くことができます。ただし、アーチ型の部分を目的のレベルに減らすことは、より制御されたプロセスです。鼻のアーチが高すぎる場合、それを提出するのに十分ではないかもしれません。アーチが希望のレベルまで上がっている場合、ノーズリッジ(ルーフ)が開いたままになることがあります。このような場合、鼻の側壁の骨が内側に折れ、屋根が再び形成されます。ただし、アーチ型の鼻が高くない場合は、これを必要とせずに単に叩くことで、目的のレベルまで下げることができます。

16.理想的な鼻は何ですか?.

芸術における全体の部分間の比率の調和は、美的結果をもたらします。この比率は、数学的に黄金比として表されます。黄金比;隣接する指の骨の間で、腕や前腕など、体や自然の多くの生物に見られます。鼻の美学では、これらの率に近い率を達成することが美的知覚においてより歓迎されるので、この規則に固執することが試みられます。

患者の希望に基づいて鼻形成術の黄金比を保護するように注意しながら、既存のバリエーションも考慮されます。

これを患者にわかりやすく説明するために、美容整形の専門家は、さまざまな2次元または3次元のアプリケーションで計画された鼻を示すことができます。患者さんと医師は、これらの用途について意見を交換することで、最終的な鼻の形を決めることができます。

患者さんの希望が優先されますが、顔のプロポーションを考慮して行動する必要があります。非常に大きな鼻を小さくしすぎると、皮膚がそのような手術に適応するのに問題が生じ、望ましい結果に関して満足のいく結果が得られない可能性があります。仮想環境での予測結果が術後の結果と一致し、手術後の患者と医師の信頼関係の観点から現実的になるようにすることが重要です。

17.副鼻腔炎の人は鼻形成術を受けることができますか?

副鼻腔炎の患者さんには鼻形成術をしても問題ありませんが、副鼻腔炎を訴える患者は、副鼻腔炎の原因となる状態を取り除き、手術で矯正できるように手術するのがより適切です。

18.鼻形成術の前に、患者は何に注意を払う必要がありますか?

鼻の手術では非常に敏感な処置が行われるため、出血をできるだけ少なくすることが望まれます。鼻の形成外科の最も重要な部分は、それが無血の環境を作り出すことです。美容整形手術中、この環境は特別な薬を使用して作成されます。ただし、手術前に患者さんが注意を払う必要のある状況もあります。

  • 手術の前に、形成外科を行う医師と麻酔科医に、使用する薬と一般的な健康状態に関するすべての詳細を通知する必要があります。
  • 操作に来る;ジュエリーやアクセサリーを外し、メイクやネイルからマニキュアを取り除く必要があります。
  • 医師の監督下で、少なくとも1週間前に、アスピリンなどの血液を希釈する薬の服用を中止することができます。
  • インフルエンザ、風邪、風邪などの病気にかかっている場合は、医師に相談してください。
  • 緑茶などのハーブティーは出血を増加させる可能性があるため、手術前に出血を引き起こす可能性のある食べ物や飲み物は避けてください。 (生姜、ターメリック、にんにく、赤ワイン、ある種の唐辛子、オリーブオイル)
  • 女性の月経期間は手術の医学的障害ではありませんが、手術はその後に発生する可能性のある浮腫を増加させる可能性があるため、これらの期間には適していません。
  • 喫煙は治癒過程に悪影響を与える可能性があるため、この点について患者に通知する必要があります。

19.鼻形成術の季節はありますか?

鼻形成術の手術には、一般的に季節がありません。しかし、暑い時期に発汗すると鼻石膏が緩みやすくなるという問題がありますが、近年使用されている素材は通気性があるため、このような問題は発生していません。それにもかかわらず、鼻の美学を持つ患者が夏に注意を払うべき状況があります。

  • 創傷治癒の過程で、日焼けや日焼けの影響で手術部位の色が暗くなる可能性があります。太陽の影響から保護するために、医師が推奨する日焼け止めクリームと帽子を使用する必要があります。
  • 主に夏季に使用されるサングラスは、手術後に使用しないでください。
  • 手術後、形成外科医が推奨する期間、海とプールに入らないでください。

20.鼻の形成外科は何時間かかりますか?

鼻形成術の手術は、行う手術によって異なります。中隔の湾曲やその他の問題がない場合、操作には2〜2.5時間かかる場合があります。鼻の先だけを形作る場合、このプロセスはさらに短くなります。ただし、鼻形成術では、鼻の変形、二次手術、肋骨からの鼻の作成などの複雑な手術に最大6〜7時間かかる場合があります。

21.鼻の形成外科では大量の出血がありますか?

ミリメータの手順は鼻の審美的に行われるため、手術で出血することは望ましくありません。鼻血に対してこのような繊細な外科的処置を行おうとすると、外科医の仕事が困難になるだけでなく、手術後の腫れや打撲傷が増える可能性があります。このため、出血が最も少ない鼻軟骨膜および骨膜の下に入ることによって行われる非外傷性法と呼ばれる技術が好ましい。これらの領域で手術を行うと、出血が減り、手術後の浮腫やあざが少なくなります。鼻形成術は、無血の環境で行われることを試みる手術です。

22.鼻形成術後に傷跡はありますか?

鼻の審美手術で使用されるオープンテクニックは、鼻孔の間の小さな切開を開くことによって行われるため、鼻形成術後の鼻のこの部分にごくわずかな傷跡が残る可能性があります。創傷治癒は人によって異なるため、この傷跡はすべての人に同じようには見えません。クローズドテクニックで行う手術では、外から見える傷は見られません。

23.鼻の審美性が経過した後、どのくらいの期間腫れやあざが発生しますか?

外傷の種類によっては、鼻の形成外科で打撲傷が発生しない場合があります。腫れやあざは、実行する手順によって異なる場合があります。あざは1週間以内に黄色に変わり始め、見えなくなります。腫れや浮腫は通常、術後2日目に最も高くなります。大多数の患者では浮腫のほとんどが1週間で経過しますが、浮腫のごく一部は最大3か月続く場合があります。

24.鼻のくぼみとは何ですか?

これは、鼻形成術で鼻の隆起を支えている軟骨や骨を過度に除去したり、しっかりと支えられなかったりした場合に、鼻の後ろの腫れが減少するときに発生する状態です。

鼻の虚脱の場合、肋骨から骨の除去に至るまでの修正手術が必要になる場合があります。

25.ノーズチップドロ​​ップとは何ですか?

これは、鼻と唇の間の角度の減少、鼻先の高さの喪失、および鼻先の落下として評価されます。特に鼻中隔手術では、湾曲した軟骨が鼻先近くにあり、この部分を取り除いた後、鼻先サポートが弱くなり対策を講じないと、鼻先が減り、鼻唇の角度は時間とともに減少します。このような患者では、鼻の先を支えるアプリケーションによって状況を防ぐことができます。術後早期の浮腫により高く見えるこの角度は、浮腫が減少すると少し減少することがあり、患者はこれを鼻の先端の低下と見なすことがあります。閉じた非外傷性技術で行われる鼻の浮腫は少なく、鼻靭帯は保護されているので、大きな変化はありません。

鼻形成術で使用される技術は、長年にわたって鼻の形を保つように計画されています。外科医が適切な技術で手術を行った後、鼻の先に落ちることはありません。

26.非対称性は、鼻の審美性の後に発生しますか?

鼻形成術の手術中に形作られた軟骨と骨の構造は、治癒過程を経て、治癒過程の間に皮膚と再結合します。このプロセス中に、治癒領域で収縮が発生します。この過程で、軟骨構造の支持がこれらの力に対して十分に強くない場合、それらは創傷治癒過程の力に対して形状変化を起こす可能性があり、その結果、浮腫の通過に非対称性などの問題が発生する可能性がある。軟骨構造のサポートとは別に、それは、非外傷性技術の使用において、浮腫やあざなどのこれらの力が少ない治癒過程を提供します。

27.鼻の手術後、においが失われますか?

一時的な臭気の問題は、鼻の審美の後に発生する可能性があります。嗅覚細胞は鼻のアーチの領域に近いです。浮腫や粘膜の損傷により、鼻の土踏まずを切断したり叩いたりして嗅ぐことができ、嗅覚に問題が生じることがあります。非常に大きなアーチ型の鼻では、鼻が縮小すると、粘膜が狭い領域で圧迫されることがあります。鼻を下げると、狭い部分の粘膜が圧迫されたり、固まったりすると、臭いの問題が発生する可能性があります。

28.鼻形成術の後に何を考慮すべきですか?

鼻形成手術後の最も重要な問題の1つは次のとおりです。外傷に注意を払い、腰を曲げたり靴ひもを結ぶなど、頭の部分の血圧を上昇させる可能性のある状況や活動を避ける必要があります。

  • 外傷から鼻を守り、手術後の腫れを抑えるために、横になった状態でできるだけ枕で頭を上げることをお勧めします。
  • 抗凝血剤や食品は避けてください。
  • 鼻形成術の手術後、しばらくの間スポーツをするべきではありません。通常の活動は10日間、激しいスポーツは3週間避けてください。
  • 手術後は、鼻を保護する石膏や添え木が濡れないように注意してください。鼻の審美の後、しばらくの間、お風呂で頭の部分を洗わないことをお勧めします。
  • 外傷は避けるべきです。
  • 医師が推奨する期間、鼻形成術の手術後に眼鏡をかけないでください。
  • 定期的な栄養と定期的な睡眠は、治癒過程を加速します。
  • 強くて速い歯のブラッシングは、鼻の付け根に過敏症を引き起こす可能性があります。

29.美的鼻手術の価格設定には何が効果的ですか?

鼻形成術の価格は、実行する手順によって異なります。実施する手技の規模によっては、手術時間も長くなります。鼻の先端しか持たない患者の価格設定と、呼吸機能にさらに問題がある患者の価格設定には違いがあります。鼻の後ろのアーチ、以前に鼻の手術を受けた患者、肋骨から骨を取り除くことによって新しい鼻を作るなどのさまざまな手順により、価格が異なります。

30.鼻の審美性の後にマッサージを行う必要がありますか?

鼻の審美性の後、鼻の後ろに沿って、そして鼻の翼から目の端まで一方向のパッティングの形でのマッサージの適用が患者に推奨されることができます。マッサージアプリケーションのロジックは、機械的圧力によってこの領域の循環を増加させるプロセスです。循環を促進することは、創傷治癒を促進することと見なすことができます。

あなたが鼻の審美性を得るという考えを持っているならば、あなたは私たちの専門家から正確な情報を得るためにオンライン病院の予約をすることができます。