母乳と母乳育児のメリット

母乳は赤ちゃんにとって奇跡的であり、赤ちゃんが最初の6か月だけで必要とするすべての栄養素を提供できる最高の食品です。母乳と出生後の最初の黄色は赤ちゃんにとって非常に重要です。赤ちゃんを病気から守るので、赤ちゃんにとって初めてのワクチンです。メモリアルアタシェヒル病院婦人科および産科Op。博士Parvana Seyidovaは、母乳と母乳育児の利点についての情報を提供しました。

母乳は、赤ちゃんが最初の6か月間必要とするタンパク質、脂肪、鉄、ビタミンなどのすべての栄養価を含む理想的な食品源です。それはその保護成分のために感染症から赤ちゃんを保護します。母乳には十分な水分とビタミンが含まれているため、非常に暑い気候でも赤ちゃんに水分を与える必要はありません。母乳は赤ちゃんにとって不可欠です。母乳は、あらゆる種類の感染症から赤ちゃんを守ります。

さらに、母乳育児は、赤ちゃんが母親との愛の絆を築くための最良のコミュニケーション手段です。母乳は、下痢や呼吸器感染症などの病気から赤ちゃんを守り、顎や歯の発達に重要な役割を果たします。母乳で育てられている子供は、喘息、アレルギー、小児糖尿病などの病気に対してより抵抗力があります。母乳には十分な鉄が含まれているため、母乳で育てられている赤ちゃんは貧血に悩まされません。さらに、おむつかぶれ、腹痛、便秘は、母乳で育てられている赤ちゃんではあまり一般的ではありません。それは赤ちゃんの精神的、肉体的、知性の発達を助けます。

母乳は何ヶ月間摂取する必要がありますか?

母乳は、赤ちゃんにとって最良かつ最も自然な食品です。母乳だけで、6か月間正常な出産で生まれたすべての健康な赤ちゃんのニーズを満たすことができます。 6か月後は、適切な補助食品を使用して、少なくとも1歳まで母乳育児を続けることをお勧めします。

母親にとっての母乳育児のメリット

母乳育児は、赤ちゃんと母親の間に特別な愛の絆をもたらします。出産直後の母乳育児は、分娩後の出血量を減らします。それは母親の健康を保護する効果があります。乳がん、卵巣がん、骨粗鬆症、貧血のリスクを軽減します。母親が授乳している間に分泌されるオキシトシンホルモンは、実際には幸福ホルモンです。同時に、それは母親の出生前の体の構造の回復を促進し、子宮の回復と増加した体重の減少の両方を促進します。

母乳を増やす食品

毎日少なくとも10〜12杯の水を飲むと母乳が増えます。科学的研究では、一部の食品やハーブは特に母乳を増加させることがわかっています。それらの1つはフェンネルです。フェンネル;それはディリー植物であり、母乳を増やします。イラクサ、バジル、ローズマリーは、母乳を増やす他のハーブです。」

母乳への影響に関する科学的研究はありませんが、以下の食品は、さまざまな社会で母乳育児をしている女性に推奨される食品の1つであり、何世紀にもわたって伝統的に消費されてきました。

黒ゴマ:カルシウムが豊富な黒ゴマは、母乳を増やすのに役立つと考えられています。カルシウム以外の銅などのミネラルを含んだごまを食事に使うことができます。

クミン:ミルクの生産を刺激すると考えられているクミンは、出産後の母親を強化するために重要な鉄分も豊富です。

大麦:大麦で作った米やスープは、授乳を増やすために使用できます。大麦が母乳を増やすという科学的研究はありませんが、何世紀にもわたって母乳育児中に母親によって消費されてきました。特に大麦とフェンネルの組み合わせは、牛乳の品質を向上させると考えられています。

バジル:消化器系を調節するバジルは、鎮静効果があり、ビタミンKの優れた供給源であり、食事と一緒に、またはお茶の形で摂取することができます。

緑の野菜:豆、ほうれん草、ビートの葉、アスパラガスなどの緑の野菜は、ビタミンやミネラルの優れた供給源であり、乳酸菌を増やすことができます。これらの緑はまた消化を助け、体を強化します。

赤とオレンジの野菜:ニンジン、サツマイモ、ビート、およびベータカロチンが豊富なその他の赤とオレンジの野菜は、母乳の品質を向上させるのに役立ちます。

にんにく:授乳中の母親は、赤ちゃんは匂いがするので気に入らないと考えていますが、逆に、赤ちゃんの吸う時間を増やし、母親がミルクの質に必要なビタミンやミネラルを増やすのを助けます食欲。

オーツ麦:食物繊維、鉄分、カルシウムが豊富なオーツ麦は、授乳中の母親の間で非常に人気のある食品です。オートミールを自分で準備し、ナッツ、牛乳、果物、またはスパイスを加えて、お粥の栄養価を高めることができます。

脂肪:オリーブオイル、亜麻仁油、ごま油などの健康的なオイルは、母乳育児に役立つと考えられています。これらのオイルはまた、母親のエネルギーを高めます。

母乳を受け取らない赤ちゃんに見られる問題

消化器系には感染症の防腐剤が含まれているため、母乳で育てられていない赤ちゃんは頻繁に感染症にかかります。

-中耳の炎症のリスクは、母乳を飲んでいる赤ちゃんよりも高くなります。

-母乳で育てられていない赤ちゃん(1型糖尿病、セリアック病、肥満、冠状動脈性心臓病など)では、一部の慢性疾患のリスクが高くなります。

-赤ちゃんの精神的、肉体的、精神的発達を助ける母乳を飲まないと、注意欠陥症候群や無関心などの問題が発生する可能性があります。

母乳で育てられていない赤ちゃんは、より頻繁に泣きます。

母乳で育てられていない子供の栄養

可能であれば、母乳で育てられない子供に粉ミルク(既製)を与えることができます。そうでない場合は、動物のミルクを与えることができます。母乳で育てられていない赤ちゃんは、通常摂取するミルクまたは粉ミルクを継続する必要があります。嘔吐や下痢で失われた水分やミネラルは、腸内細菌叢を調節するプロバイオティクスを含む粉末である経口水分を使用して取り除くことができます。

子供がその月に必要な体重を増やしたとき、栄養は十分です。したがって、定期的に子供を健康診断に連れて行ってください。ヘルスセンターでの成長のフォローアップは、パーセンタイル(成長)グラフィックを使用して実行されます。

母乳がダーハ品質になるために必要なビタミン

母親は平和な環境にあり、健康的な食事をとり、赤ちゃんを受け入れることで母乳を増やすことができます。赤ちゃんの母乳育児は、母乳を増やす主なポイントです。母親のための健康的な食事;たんぱく質、炭水化物、果物と野菜のメニュー、健康的な睡眠、そして十分な母乳育児と1日に少なくとも10〜12杯の水を消費すると、母乳が増加します。食事を抜かずに、たんぱく質、炭水化物、緑の野菜が豊富なメニューを食べることは、母親にとって非常に重要です。

非プライバシー地域での母乳育児

母乳は、母親が妊娠中に赤ちゃんに大きな憧れと好奇心を持って贈る最も貴重な贈り物です。母親は、必要なときにいつでも赤ちゃんに快適に母乳を与えることができるはずです。ストレスなく快適に赤ちゃんを養うことは、社会環境を離れることなく、母親と赤ちゃんの両方にとって良いことです。新しい母親が社会生活を送り、空気を吸うことは非常に重要です。もちろん赤ちゃんも…お母さんが幸せなら赤ちゃんも幸せです。母乳育児は、母親にとって非常に特別で美しい行動であり、赤ちゃんにとって基本的な必要性です。ミルクの量が少なくても、母親は恐れてはいけません。彼は頻繁に母乳育児を続ける必要があります。母乳で育てると、母乳の量が増えます。付き合いは躊躇しないでください。快適な母乳育児のために開発された母親の授乳エプロンは、母親の救世主です。多くの母親は、友人の会合で、公共の場所にある授乳エプロンの助けを借りて、好きな場所で赤ちゃんに母乳を与えることができます。