骨シンチグラフィーとは何ですか?

放射性骨剤を体内に静脈内投与した後に行われる画像です。骨代謝が増加または減少する場合、放射性物質の保持の変化が観察されます。これは、骨の感染症、骨折、スポーツ傷害、腫瘍、および同様の疾患で使用される方法です。

テストはどのように行われますか?

骨を保持する放射性物質が静脈から体内に注入されます。注射前に局所麻酔クリームを使用することができます。与えられた放射性物質が骨格系全体に保持されている場合(2〜3時間)、全身から画像が撮影されます。特別な撮影(SPECT、断層撮影)が適用されない場合、撮影時間は20〜40分です。フィルムの品質を高めるためには、撮影時にできるだけ動かないことが重要です。

どうすればテストの準備ができますか?

シンチグラフィーに行くときは、最新の臨床検査、フィルム、叙事詩などの患者情報記録を持っていくと便利です。試験前に特別な準備をする必要はありません。ただし、就学前および学齢期の子供にテストについて知らせて、恐れないようにすることは有用です。撮影中に両親と一緒にいると、とにかく彼らを安心させます。また、お気に入りのおもちゃや本を持っていると忙しくなります。試験の前後には、画質と放射線量の低減という観点から、水分や水分を豊富に摂取することが重要です。そのためには頻繁にトイレに行く必要があります。試験終了後は、飲食や他人との接触を制限する必要はありません。